中沢の味覚 郷土食・レシピ紹介

写真

伝統の味、ふるさとの味

四季折々の山の幸や祝事に供される鯉料理、長い冬を越すための保存食など、地域の気候や風土を生かした料理です。

五平餅

五平餅
材 料
うるち米 1升
砂 糖 300g
くるみ 200g
味 噌 200g
200cc
さんしょうの新芽、酒、みりん等、好みの物
  1. すり鉢に、くるみ、水を入れ、良くすりつぶす。
  2. 1.に砂糖、味噌を加えよく混ぜる。
    (好みにより、さんしょうの新芽、酒、みりん等を適量加える)
  3. 炊いたご飯を熱いうちにしりこぎでよくつぶす。
  4. つぶしたご飯を平らに丸める。(直径3cm位)
  5. 串に刺す前にフライパンで両面を焼く。
  6. 一串に2個を刺す。(1個刺した後、裏返して2個目を刺す)
  7. 2.で出来上がった味噌をぬり、遠火で焼き上げる。

ページのトップへ

おやき

おやき
材 料 (12~13個分)
米の粉 500g
砂 糖 50g
少々
熱湯 500cc
小豆あん 450g
  1. 米の粉に熱湯を少しずつ加えながらこねる。
  2. 1.を7~8分ゆでる。
  3. ゆで上がったら、砂糖、塩を加えてよくこねる。
  4. 80gに丸めた平たく伸ばしながら小豆あん40gを入れて包む。
  5. フライパンで焦げ目がつく程度に両面を焼く。

 

※具材は小豆あんの他にも、かぼちゃ・なす・野沢菜・切干大根等、お好みで。

ページのトップへ

凍み大根

凍み大根
材 料
大根 適量
  1. 寒中に大根の皮をむき、縦割り又は2cmの輪切りにします。
  2. 湯の中に入れ、箸の通る程度に茹でる。
  3. 茹で上がったらザルに取り、藁に通して寒風にさらして乾かす。
  4. 煮物にして食べる

※大根は大きな大根の方がよい。

※先人の知恵です。中沢地区では農繁期に食べられることが多いです。

ページのトップへ

松茸ご飯

材 料 (4~5人分)
6合
1000cc
昆布 5cm四方2枚
大さじ4
みりん 大さじ2
うすくちしょうゆ 大さじ4
少々(ひとつまみ)
松茸 適量
松茸下味用 うすくちしょうゆ 大さじ2
酒 大さじ2
  1. 炊飯器に分量の水と米、昆布を入れ、そのまま浸しておく。
  2. 松茸は下処理をしておく。
  3. 松茸を手で裂き、下味用の調味料をふってからめる。
  4. 焼き網に松茸をのせて弱火にかけ、表面が色づく程度にさっと焼く。
  5. 炊飯器から昆布を取り出し調味料を加えて混ぜ、焼いた松茸を加え、混ぜずに普通に炊く。

※山の幸の松茸をふんだんに入れ秋祭りなどに振舞う。

松茸山がある地方ならではのご馳走です。

ページのトップへ

手づくり味噌

  1. 大豆をよく洗い3倍の水に前日につける。
  2. 親指と小指で潰れるくらいまで煮る。(約4時間くらい)
  3. 火を止めてから約1時間くらい蒸す。
  4. 豆をつぶして40℃まで広げて冷ます。(煮汁は種水となるので、捨てずに取っておく)
  5. 冷ました豆に塩、麹、種水(煮汁)をいれて混ぜる。(振り塩は少し残しておく。)
  6. 味噌玉にして、おけ底に振り塩をし隙間のないように詰め込む。
  7. 詰め込んだらもう一度振り塩をする。ビニールで蓋をし、中ぶたを置いて重い石をする。(重石は重量の1/3くらいのもの)
  8. 8~9月頃1回天地返しをして、8ヶ月~1年置くと熟成する。

煮豆重量+麹重量+種水=総重量

総重量×0.1377=塩分12%の場合の塩の量

ページのトップへ

塩いかの和え物

材 料 (4人分)
塩いか 1ぱい
きゅうり 2本
少々
トマト 1個
白ごま 15g
マヨネーズ 大さじ2
小さじ1
小さじ1
  1. 塩いかは、胴から足を抜き、冷水に浸けて塩抜きをする。(1時間~2時間位)
  2. きゅうりは薄い輪切りにしてから塩をもみ込み、さっと洗い水気を絞る。トマトは 2~3センチ角に切っておく。
  3. 塩いかは水気を切り胴を縦割りにしてから8ミリ幅に切る。足は1本ずつ切り離す。
  4. ごまをすり鉢に入れてよくすり、マヨネーズ、酢、水を加えて混ぜる。
  5. 4.に2.と3.を混ぜ合わせ、器に盛り付ける。

ページのトップへ

こいのうま煮

鯉のうま煮
材 料 
輪切5切れ(1.5kg)
砂 糖 160g
しょうゆ 130cc
みりん 70cc
300cc
130cc
  1. 鯉は一度熱湯をかけて軽く血抜きをしておきます。
  2. 鍋に、砂糖・しょうゆ・みりんを入れ軽く煮立たせ鯉を重ならないように並べて入れ、落し蓋をして弱火から中火で20分位煮ます。
  3. 煮詰まってきたら、鍋肌に沿って水と酒を加えさらに15分煮ます。
  4. 途中、鯉に煮汁をかけながら表面にてりがでてきたら、出来上がりです。

ページのトップへ

ソースカツ丼

ソースカツ丼
材 料 (2人前)
豚 肉 300g(ロースまたはヒレ)
キャベツ 2~3枚
塩・コショウ 適量
中濃ソース 200cc
みりん 大さじ4
ケチャップ 大さじ2
適量
パン粉 適量
小麦粉 適量
適量
  1. キャベツは洗って千切りにします。
  2. 豚肉に塩・コショウをし、溶き卵に小麦粉を入れた衣に豚肉をくぐらせ、パン粉を付けます。
  3. 油を熱している間に、小なべに、中濃ソース・みりん・ケチャップを入れ、火にかけます。フツフツしてきたら弱火にし、火をとめます。
  4. カツを揚げます。揚がったら、先ほど作った小なべのソースにくぐらせます。
  5. 器にご飯、キャベツを盛り、ソースカツを盛り付けます。

市販のカツ丼ソースを使って簡単に作る事もできます。

中沢のひと

中沢のひと一覧

20160510小島 利昭さん(88歳)
 去る4月17日、「駒ヶ根天竜かっぱ村開村28周年、かっぱ神社創建15周年記念祝賀会」が駒ヶ根市で開催さ...
続きを見る。
20150904古谷 和男さん、葉子さんご夫妻
もっと見る