中沢小学校だより

 

中沢小学校の近況をお伝えします。

中沢小学校からのお知らせ

続く秋晴れ・・・2時間続きのクラブ活動

2015年10月19日 カテゴリー: 最新ニュース

10月16日(金)
 晴れ渡る秋空の下、宝剣岳、空木岳など中央アルプスがきれいですが、区の運動会に備え、校歌ダンスのリハーサルをしました。運動会が終わって1ヶ月経つというのに、子ども達の記憶力はすごいものです。校歌ダンスも1回だけのリハーサルで完了しました。天気が良いので、屋外で少し体を動かすと気分も、すがすがしくなります。
 午後は、久しぶりの2時間続きのクラブ活動がありました。「浴衣着付け・お茶・作法」クラブから、きれいに着飾った6年生2人のモデルが職員室までやってきたので記念撮影をしました。ボランティアさんが定期的に入れ替えてくださっている生け花の前でポーズです。

学習も実りの秋・・・「中沢参観日」

2015年10月16日 カテゴリー: 最新ニュース

10月15日(木)
 開校記念日にちなんだ「中沢参観日」が設定されて4年目、今年も大勢の皆様にご来校いただきました。
 
 6年生は最高学年として頑張ってきた半年間の労をねぎらい、2分の1卒業式として、親子でケーキをデコレーションし手作りの味に舌鼓を打っていました。1年生は、給食の試食会ということで全家庭の皆さんが参加されていたのには驚きです。
 本日のメイン、午後の「ふれあい発表会」は、各学級ごとに色々と工夫された発表でした。はなももさん、合唱団の発表もあり、それぞれが「らしさ」を発揮していました。また、マイクを使わず肉声で堂々と発表している子が多く、感心しました。「これから発表を始めます。」と言うと拍手が起こり、発表が終わると自然に拍手が湧き上がる・・・発表を楽しみにしている皆さんの心、頑張ったねという賞賛の気持ちが拍手に表れていたように思います。ご参観された皆さん、子ども達の発表を温かく見守っていただき感謝です。
 PTA講演会では、臨床心理士・県スクールカウンセラーの有賀和枝先生をお招きし「”あ”のつく言葉・・・愛・甘える・遊ぶ・ありがとう -親子の関係によせて-」というテーマでご講演をいただきました。子ども達に未来を生き抜くための「心」を育てるために、親子関係はどうあったらよいのか・・・子育てのヒントをいただきました。
 秋晴れの一日・・・とても充実した一日になりました。

渓声学級との交流作業&先生達の研修

2015年10月15日 カテゴリー: 最新ニュース

10月13日(火)
 3年生の皆さんが渓声学級のお年寄りの皆さんと一緒に、交流作業でお隣の建物、民俗資料館の清掃を行いました。ふだんとは違った場所を清掃したり、大きな意味でのボランティア活動を体験しました。清掃が終わった後、館長さんに説明もしてもらいながら一回り・・・中沢小学校の旧校舎だった資料館の中には、お宝が山のように積まれていました。未整理の資料も、たくさんあり、ひょっとしたら大発見があるかもしれません。
 
10月14日(水)
 上伊那郡内の学校は一斉に休業日でした。それは先生達が、郡内の各学校に分かれ、教科指導の研修を行った日だったからです。
 私、理科に参加しました。午前中は4年生の授業を見せていただき、午後は、法政大学教授の左巻健男先生をお招きした実験実技講習会に参加させていただきました。理科に参加したのは初めてでしたので、目から鱗・・・の体験、満載でした。
 乾電池を3つ直列につなぎ、豆電球をつなぐと明かりがつきます。3つの乾電池の真ん中だけ向きを反対にしたら、豆電球の明かりはつくか。 アルミ缶、スチール缶で、電流を通すのは、どの部分か。金色の折り紙と銀色の折り紙は電流を通すか。などなど、身近なものを使った科学実験をたくさん体験しました。最後は、熱気球?をつくってみました。理科のおもしろさ、楽しさに触れた一日となりました。

祝!「どんぐりまつり」

2015年10月13日 カテゴリー: 最新ニュース

10月9日(金)
 伊那養護学校からのご招待を受け、「どんぐりまつり」に行ってきました。開祭式では、イメージキャラクター「キーちゃん」「ムクちゃん」が登場し、開祭式を盛り上げていました。ステージバックは、伊那養の皆さんが一人一人描いた絵を一面に合体させており、それぞれの想いがひとつにまとまった味わいあるバックでした。
 続いて、「音楽祭」が開催され、「はなももの里分教室」の3人も友組の皆さんと一緒に、立派な和太鼓演奏を披露してくれました。とてもたくさんの観客がいましたが、元気な太鼓演奏でした。
また、10日(土)には6年生が、出張販売で中沢の炭を販売しました。どんぐりまつりでの売れ行きを心配する声も聞かれましたが、見事に完売したようです。6年生がんばりました。
 
10月8日(木)
 ふれあいボランティア委員会の皆さんが、学校の南側にある宅老所「こころ」さんを訪問してお年寄りの皆さんと交流をしました。「屋号は□□です。」と中沢流の自己紹介のあとは、けん玉・手品・鍵盤ハーモニカ演奏・なぞなぞなど一芸を披露して、皆さんを楽しませていました。こんな活動も大事な勉強の場ですね。お年寄りの皆さんの嬉しそうな顔が印象的でした。
 
 

中秋の中沢小

2015年10月09日 カテゴリー: 最新ニュース

10月8日(木)
中秋の晴天、雲一つない快晴で朝を迎えました。中央アルプスの山並みがくっきりと見えます。これから、この景色に紅葉や冠雪が加わり、雪景色へと変わっていくのを楽しみにしています。
 
1・2年生が「きのこ狩り」に出かけました。コーディネーターの竹村典明さんが学校から子ども達と一緒に歩いて引率をしてくれ、用務員の山口さんは一足先に山へ向かいました。なぜかというと、用務員さんは子ども達に何かあってはいけないと、常日頃も山を見回ってくれているのですが、更に念を入れて子ども達が到着するまでの間、安全点検やきのこの在処を確認してくれたりして待っていてくださいます。そして、きのこの名前や採り方のコツなども教えてくださいます。この辺りが、未知数の危険が潜む里山歩きを安全に過ごせるよう配慮してくださる中沢小学校応援隊のすごいところです。本当にありがたいことです。なぜ、ありがたいかというと、普通、学校で山中へ遠足というと難色を示されます。OKをもらうために、企画案を出した先生が下見に下見を重ね、安全を確認します。引率職員を検討したり、コースは検討に次ぐ検討、時には保護者の皆さんの承諾を得るために説明会を開いたり・・・など、遠足に行く前にヘトヘトになってしまいます。と・こ・ろ・が、中沢小では、担任が「子ども達を遠足に連れていきたいのですが・・・。」とつぶやくと、企画プランの提示から当日の引率、事前・事後のケアまで、応援隊の皆さんが関わってくれて、あれよあれよという間に実現してしまうのです。こういう、ありがたさを忘れないようにしていかなくてはいけません。
そして、肝心の収穫はというと、残念ながら松茸は1本。でも、たくさんの雑きのこが採れました。帰校後、きのこ名人の竹村さんが、それを分別し茹でて冷凍にしてくれました。26日のお弁当の日に、きのこ汁にして全員で食べるそうです。楽しみですね。
 

ページのトップへ

2017年度 行事リスト

曜日 催し物 ・イベント名
12 1 JICA交流(4年)
4 読書旬間~17日
6 地区児童会③
8 あいさつの日
12 保護者懇談会~14日
15 保護者懇談会予備日
18 学期末大掃除~22日
26 2学期終業式
27 年末年始休業~1月8日

ページのトップへ

中沢小学校へのお問い合わせ

[*]は必須項目です。
氏 名*
フリガナ セイ メイ
住 所* (例:123-4567)
電話番号* (半角)
FAX (半角)
Email* (半角)
(確認用)
連絡方法 電話 メール
お問い合わせ内容

印は必須記入項目です。

以上でよろしければ、下記「入力確認」ボタンをクリックしてください。

個人情報のお取扱いについて

お送りいただいた個人情報は、許可なく第三者への開示を行いません。
詳しくは「個人情報保護方針」をご覧ください。

中沢のひと

中沢のひと一覧

20160510小島 利昭さん(88歳)
 去る4月17日、「駒ヶ根天竜かっぱ村開村28周年、かっぱ神社創建15周年記念祝賀会」が駒ヶ根市で開催さ...
続きを見る。
20150904古谷 和男さん、葉子さんご夫妻
もっと見る