中沢小学校だより

 

中沢小学校の近況をお伝えします。

中沢小学校からのお知らせ

古希の会から寄贈品&2年生豆たたき

2015年11月24日 カテゴリー: 最新ニュース

11月19日(木)
 三六同年会古希記念会から、下島公平さん・下島安男さん・竹村文子さんの三名が学校へ見えられ、寄贈品の贈呈式が校長室で行われました。今回、寄贈していただいたのは、「児童玄関の傘立て」です。下駄箱は新しく見栄えが良いのに対し、傘立てが古く使い勝手も悪かったのですが、これで1本1本が別々に立てられるため、自分の傘がすぐに分かり、お陰様で玄関周りもスッキリしました。
 皆さんご承知のように、中沢小学校には、数々の寄贈品があります。中沢小学校を卒業したOBの皆さんが、厄年・還暦・古希など人生の節目の年齢を迎えるに当たり、かつてお世話になった母校のために、何か役立ててもらえばということで、毎年、何らかの会からの寄贈品に満ちあふれています。それは、絵画や装飾品に限らず、実用品や消耗品などにも充てさせていただいています。本当にありがたいことで、地域の学校を大切にしたい・・・という皆さんの思いが溢れています。この期待に応えられるよう、職員一同、励んでいきたいと思います。ご指導・ご鞭撻よろしくお願い致します。
 
 2年生が、刈り入れ後、乾燥させておいた大豆の豆たたきをしました。予定通りできるよう、「生活と体験の会」の皆さんがシートをかぶせてくださっていました。前日からの雨で、畑ではできなくなってしまったので、学校の敷地内まで運んでくださいました。今年は、やはり豊作で、軽トラ山盛り2台分の大豆が枝ごと運ばれ、子どもたち&チョコッと部隊の皆様の手作業と「生活と体験の会」の皆さんによるハーベスターとによって脱穀作業が行われました。2年生の収穫祭も28日と迫ってきており、大忙しの11月となりそうです。

校長講話&2年生豆腐作りに挑戦!

2015年11月19日 カテゴリー: 最新ニュース

11月18日(水)
 朝、校長先生が今月の「なかよし月間」に関係したお話をしてくださいました。
今年、中沢小学校は欠席をする子が少ないです。一週間、欠席ゼロだったことが何回も続いたことがあります。これは、体が健康だということだけでなく、心も健康だという証拠だと思います。校長先生の願いを実現してくれていて嬉しく思います。
「駄菓子屋」さんで蔵澤寺の鈴木和尚さんの発案から「校長先生のお悩み相談コーナー」を作ったら、先生の予想に反して何人も相談に来てくれてビックリしました。中には、お家の方まで相談に来て、皆さん真面目な相談話をしていきました。そんなことから思ったことがあります。困ったことや悩み事があったら、人に「話す」と⇒ 「はなす」⇒「離す」ことになり、心配事も自然に離れていきます。だから、心の健康を保つためには、人とお話をすること、相談することが一番いいと思います。それは、人とのコミュニケーションを大切にすることにもなります。人とのコミュニケーションを大切にするには、「どうぞ」と譲ってあげる気持ち、「ありがとう」と感謝する気持ちを声に出して言ってあげるといいですね。そんな積み重ねが、「なかよし」につながると思います。
 
 2年生が豆腐作りに挑戦しました。28日に計画している収穫祭に向けて、みんなで力を合わせて頑張って取り組んでいました。ゆでた大豆をミキサーにかけてから木綿で漉(こ)し、苦塩(にがり)を入れてから煮詰めてまでは順調に進みました。最後の型に流し込んで、固まるのを待っていましたが・・・う~~ん、なかなか固まってくれない・・・豆腐には、ほど遠いグループもありましたが、「豆乳ヨーグルト!!」と言いながら「おいし~~」と味見をしていました。どうやら苦塩が足りなかったようです。失敗は成功の母、収穫祭の時には、おいしい中沢豆腐を完成させてくれるでしょう。

11月の応援隊の日

2015年11月18日 カテゴリー: 最新ニュース

11月17日(火)
 応援隊の日、今年度最終となる環境整備作業では、敷地内の落ち葉掃きをしていただきました。降り積もった桜並木の下の落ち葉は大変な量で、南側は子どもたちの手で何回か掃いてきましたが、北側は、ほとんど手つかずだったので、たっぷりと腐葉土用の良い落ち葉が集まりました。その他にも、敷地内のあちらこちらにできていた落ち葉の吹きだまりもきれいにしていただきました。
 今回は、最終回ということもあり、22名の方が参加してくださいました。作業後のお茶会も和やかに歓談が交わされ労をねぎらいました。 今回のSpecial企画として、今年、完成したエレベーターで3階まで上がり、屋上からの絶景を楽しんでいただきました。西山は雲がかかっていて、大絶景とは言えませんでしたが、学校周辺の大パノラマを満喫していただいた後は、皆で記念撮影をパチリ。また来たいというご要望もあり、これから冬景色のシーズンにも屋上を開放していきたいと思っています。
 
 そして、これが最後になるでしょうか・・・1・2年生が炭焼き小屋の横で焼き芋を行いました。焼き上がったお芋を二つに割ると、中は黄金色・・・本当においしい焼き芋を堪能しました。

晩秋を楽しむ・・・

2015年11月17日 カテゴリー: 最新ニュース

11月13日(金)
 4年生が自分たちで栽培した落花生からピーナッツバターをつくりました。クラッカーにのせて食べるように、わざわざ職員室まで届けてくれました。そんな気づかいがとても嬉しかったです。
 今や、いろいろな所で大量生産された、ファーストフードが横行する中で、ハンドメイドの良さを体験させていくために、大事な学習の場となるでしょうね。手間暇かかるしコストも高くついてしまう・・・でも、安心して食べられますね。
 そして、6年生も焼き芋をしました。焼き上がったお芋を手に童心に返り、満面の笑顔で晩秋を楽しんでいました。
 食べ物尽くしの中沢小の秋でした。
 

5学年 収穫祭

2015年11月16日 カテゴリー: 最新ニュース

11月14日土曜日 5学年収穫祭
 あいにくの雨空でしたが、5年生、保護者、兄弟姉妹、自然と生活体験の会の皆さん、総勢約70名で5学年行事収穫祭が行われました。
 4月の田おこし、5月の籾まき・代掻き(どろんこになり大騒ぎ!)、6月の田植え、それから朝夕の水の管理、中干し、10月の稲刈り、はざかけ、脱穀、精米・・・・・口に入るまでには長い道のりでしたね。「自然と生活体験の会」の皆さんには大変お世話になりました。
 
 もち米を蒸すことと、豚汁を作ることが同時進行で行われました。豚汁に入れる野菜(人参・大根・蒟蒻・ネギ)のほとんどは5年生が作ったもの!さらに、大根の葉っぱまで炒め物にしたり、大根サラダにしたり、浅漬けにしたり、さしみこんにゃくを切ったり品数も豊富。5年生や兄弟姉妹も野菜を切ったり炒めたり手際の良いこと。順調に出来上がりました。
 さあ、メインの餅つき。渡り廊下に臼が4つ並び「いいねぇ~」「よいしょー」とあちこちで掛け声がかかります。杵がなかなか重く臼のふちにあたってしまい、コーディネーターの方々のご指導を頂きました。今はこうした餅つき体験はなかなかできないもの。貴重な体験でしたね! つき上がったもちを、一口大にちぎり、ごま・きなこ・あんこ(5年生が小豆を作り、自分たちで粒あんに!!)大根おろし・砂糖醤油をまぶしました。
 各班2~3人の自然と生活体験の会の方やコーディネーターの皆さんに入っていただき、会食のはじまりです。ちょっと、お餅が固めでしたが、あちこちで話に花が咲いていました。大勢で食べると美味しいものですね。
 お腹がいっぱいになった後は、米作りの1年間の発表会。立派な発表だとお褒めのお言葉を頂戴しました。地域の皆さん、お家の皆さん、大勢の方々に支えられ、こうして収穫祭が行えたこと、自分たちで苦労してもち米作りに関われたこと、中沢の素晴らしいところであり本当に幸せですね。
(最後になりますが、5年生が飼っているうさぎの小屋解体と整地作業も同日行われました。お父さん方、ありがとうございました。)

ページのトップへ

2017年度 行事リスト

曜日 催し物 ・イベント名
10 2 音楽会特別時間割開始
4 富澤裕先生歌唱指導
10 あいさつの日
11 先生方の研修会のため休業日
13 応援隊作業の日
17 校内音楽会
18 NMD
24 お弁当の日②(5・6年)
26 クラブ(最終)

ページのトップへ

中沢小学校へのお問い合わせ

[*]は必須項目です。
氏 名*
フリガナ セイ メイ
住 所* (例:123-4567)
電話番号* (半角)
FAX (半角)
Email* (半角)
(確認用)
連絡方法 電話 メール
お問い合わせ内容

印は必須記入項目です。

以上でよろしければ、下記「入力確認」ボタンをクリックしてください。

個人情報のお取扱いについて

お送りいただいた個人情報は、許可なく第三者への開示を行いません。
詳しくは「個人情報保護方針」をご覧ください。

中沢のひと

中沢のひと一覧

20160510小島 利昭さん(88歳)
 去る4月17日、「駒ヶ根天竜かっぱ村開村28周年、かっぱ神社創建15周年記念祝賀会」が駒ヶ根市で開催さ...
続きを見る。
20150904古谷 和男さん、葉子さんご夫妻
もっと見る