中沢小学校だより

 

中沢小学校の近況をお伝えします。

中沢小学校からのお知らせ

年の瀬、迫る

2015年12月22日 カテゴリー: 最新ニュース

12月21日(月)
 先週末の土日は、素晴らしい冬晴れとなり、雪化粧した西山の姿が、くっきりと青空に浮かびあがり、絶好の行楽日和でした。よい天気で思い出したのですが、12月5日(土)に、コーディネーターの佐久間さんに声をかけていただいた応援隊の皆様によって同窓会室の障子を貼り替えていただきました。昨今は、剥がしたり貼ったりしやすいアイロン接着タイプもあるのですが、そこは熟練の応援隊の方々、ちゃんとした障子糊を使って、しっかりと貼っていただきました。子どもたちによって、あちこち空けた穴のつぎはぎ貼りが目立っていた同窓会室の障子もすっかりきれいになりました。ありがとうございました。遅くなりましたがご紹介させていただきました。
 
 通りかかると3年生が、一生懸命に劇の練習をしていました。何か発表会でもあるのかと思っていたところ、どうもそうではなさそうで、早く立ち去ってくれと言うので、その場を後にしました。後になって、3年生から招待状が届きました。何かというと・・・「忘年会」への招待状でした。そこで、先ほどの自分たちでつくった創作劇を発表するということです。なるほど、招待者には当日まで内緒にしておこうという気づかいですね。そして、午後は年末の大掃除をしたようで余った時間で室内サッカーをして体を動かしていました。冬休みまで、あと3日・・・どうやら子どもたちも「忘年」気分のようです。

続「応援隊の日」~書き初め練習&年賀状作成~

2015年12月21日 カテゴリー: 最新ニュース

12月17日(木)
 12月の「応援隊の日」ということで、書道の先生が豊富な中沢小では、一気に年末年始に突入しました。
 3年生では、下島元彦さんによる、初めての「書き初め」練習です。最初から、新しい用紙を使っては、もったいないから・・・と、新聞紙を書き初め用紙の大きさに切って、どんどん練習。終わった後、廊下に垂れていた墨の跡を、ぞうきんがけできれいに拭いていました。さすがは中沢小の応援隊、「しつけ」もビシッとやっていただいており感謝です。
 6年生の教室は、凜(りん)とした静寂に包まれ、紙と筆の摩擦音だけが静かに響いているほど集中して取り組んでいました。小学生といえども、高学年ともなると密度の高い集中力が生み出せるのだと改めて思います。
 5年生は、飯田で書道教室を開いている尾曽綾子さん(國枝思季さんの叔母さんにあたります)による、楽書とでも言ったらよいのでしょうか・・・来年の干支「申」の見本となる書体を見ながら、様々自分なりにアレンジして、書や墨絵などを入れた年賀状を作成しました。応援隊の皆さんに届くと思いますので、お楽しみに!
 
12月18日(金)
 5年生は昨日の応援隊の日に続き、本日は書き初め練習でした。下島元彦さん・宮脇年子さんのお二人によるご指導で、「正月の朝」を書きました。新聞紙を用紙の大きさにしたものに練習を重ね、最後は正式な書き初め用紙に清書を1枚だけ書いてみました。
 最後に、下島さんが1枚だけ清書するときの気持ち、迷いながら自分で決めて筆を入れ、めざす方向へと筆を進めていく時の勇気、そういう気持ちの流れが字に表れるので、家で清書をする時には、しっかりと自信を持って書いてほしい。そして来年は最高学年になるので、全校の見本になるような力強い字を書いてほしいと精神面でもご指導をいただきました。

「応援隊の日」新企画! 『中沢小応援隊の人』語る会

2015年12月18日 カテゴリー: 最新ニュース

12月17日(木)
 西山が真っ白な雪雲に覆われ、雪が舞い散る一日となりました。
 12月の「応援隊の日」ということで、4・5・6年生対象として、応援隊でもある中割の中山清志さん(民生児童委員、中沢区の社会福祉協議会長もしていただいています)にお話をしていただきました。『山の話』と題し、子どもたちにいただいたメッセージの概略をお伝えします。
 
①中学2年生の時の西駒登山で、素晴らしい見晴らしと出会い、それがきっかけで山が好きになり、陣馬形山や戸倉山に登るようになりました。
②その後、高校の山岳部に入ったり、就職してから山岳会に入ったりして本格的に登山をするようになりました。趣味が高じて山岳ガイド・遭難対策補導員・高山植物指導員なども務めました。登山だけでなく岩登り・沢歩き・尾根歩き・冬山・氷壁登攀(とうはん)・トレッキング・山スキー・写真など、たくさんの楽しみがあり、その他にも温泉・釣り・山菜採り・食事・遠くへの旅行なども楽しみです。たくさんの人との出会いもあり、今でもその仲間との交流が続いています。
③日本百名山は全部登り、国内の山もほとんど登り尽くしています。外国の山ではキリマンジャロ・コジオスコなど登り、27カ国に行きました。7大陸のうち南極大陸以外の6大陸すべて旅行していることになります。
④何か好きな事、興味のあることを続けていると、その人しか分からない世界が広がってくると思います。私の場合は、花や木、雲や素晴らしい自然に感動し、汗をかき体を動かすことで体が喜び、何とも言えないような満足した気持ちになれます。
⑤登山は危険なこともあります。命を賭けるような緊張感が、生きるためのメリハリとなり、仕事などバリバリやるぞと気力が湧いてきました。
⑥登山のためには気象、地理、動植物、人間の体、その国の歴史や文化など幅広く知ることができ、話題も豊富になって、生きる幅が広がり、それが幸せにつながると思います。
⑦皆さんも何か好きな事を見つけ、長く続けていると、必ず良いことがあるので、ぜひ、好きなことを見つけていってほしいと思います。
 
 この後、子どもたちから素朴な質問が出され、よい交流会となりました。身近な人から貴重なお話を聞くことができ、本当にありがたいです。

「お立ち台」生まれ変わる

2015年12月17日 カテゴリー: 最新ニュース

12月16日(水)
 中沢小学校の下校は、基本的に低学年・高学年別の集団下校となっています。この写真は、全校で「さようなら」をして帰る間際のものです。代表で前に出ている子が立っている巨石にご注目ください。
帰る学年が集まると、最年長の学年から代表の人が前に出て、帰りのあいさつをしますが、その時に、「今日のスマイル」(友だちの良かったところ、自分の頑張ったところなど)を発表してから、「さようなら」のあいさつをします。毎日、代表の6年生がスピーチとあいさつを言う「お立ち台」が玄関向かって右側にあります。元々は庭園の石ですが、それが、いつの頃からか、お立ち台になったようです。毎日、子どもたちが上っている石の高さは60cmぐらいでしょうか。上りやすいようにと、用務員さんとコーディネーターさんが職員室西側の庭園を修理する際、踏み台となる置き石を置いてくれました。なんとも細やかな心遣いに感服です。

懇談会真っ最中につき、『校内作品展』をチョコッと紹介!

2015年12月16日 カテゴリー: 最新ニュース

12月15日(火)
 全校の絵画作品が渡り廊下と視聴覚室前に展示されていることは、以前にもお伝えした通りです。
 その横、調理室側には「手芸」クラブの力作が展示されています。作り方のパンフレットも増刷りして置いてありますので、どうぞご自由にお持ちください。
 調理室外壁面にには、「はなももの里分教室」さんの作品、調理室隣の家庭科室には、5・6年生の家庭科で制作した作品が並んでいます。
 
 各教室の廊下展示も見逃せません。1年生の廊下には、絵の具を使って作った色ねんどから作った「アニマル」くん達が、ズラリと並んでいます。3年生の廊下には、初めて、のこぎりと金槌を使って作った木工作品「切って切ってトントントン」が完成した雄姿を見せています? 2年生の作品は、ステンドグラス風の作品や、手作りリースなどが教室内に展示されています。4年生の廊下には、紙粘土を使った工作に、自分で考えたアニメキャラクター。5年生廊下には、木工メッセージボード。6年生の廊下には「12年後のぼく・わたし」の粘土作品など、その他にも、今までの学習の成果が所狭しと展示されていますので、懇談会の合間にグルリと一回りしてみては、いかがでしょうか。よ~く見ていくと、隠れた名作がありますよ。
 
12月17日(木)は、一日、学校公開をしています。どうぞお越しいただき、校内作品展もご覧ください。
 

ページのトップへ

2017年度 行事リスト

曜日 催し物 ・イベント名
10 2 音楽会特別時間割開始
4 富澤裕先生歌唱指導
10 あいさつの日
11 先生方の研修会のため休業日
13 応援隊作業の日
17 校内音楽会
18 NMD
24 お弁当の日②(5・6年)
26 クラブ(最終)

ページのトップへ

中沢小学校へのお問い合わせ

[*]は必須項目です。
氏 名*
フリガナ セイ メイ
住 所* (例:123-4567)
電話番号* (半角)
FAX (半角)
Email* (半角)
(確認用)
連絡方法 電話 メール
お問い合わせ内容

印は必須記入項目です。

以上でよろしければ、下記「入力確認」ボタンをクリックしてください。

個人情報のお取扱いについて

お送りいただいた個人情報は、許可なく第三者への開示を行いません。
詳しくは「個人情報保護方針」をご覧ください。

中沢のひと

中沢のひと一覧

20160510小島 利昭さん(88歳)
 去る4月17日、「駒ヶ根天竜かっぱ村開村28周年、かっぱ神社創建15周年記念祝賀会」が駒ヶ根市で開催さ...
続きを見る。
20150904古谷 和男さん、葉子さんご夫妻
もっと見る