中沢小学校だより

 

中沢小学校の近況をお伝えします。

中沢小学校からのお知らせ

三校職員交流研修会

2016年06月02日 カテゴリー: 最新ニュース

6月1日(水)
 東中・東伊那小・中沢小の三校学校職員が研修会を行いました。今年は中沢小が当番ということで、他校の先生方が本校にいらして研修でした。毎年、各学校が回り順の当番制で、今年は、中沢小学校応援隊運営委員長;木下幸安さんに「中沢の三六災害」についてご講演をいただきました。その後、実際に被害の跡地、唐山沢砂防林を現地視察にでかけました。
 東日本大震災の記憶が薄れ始めたこの頃、現在も熊本大震災の甚大な被害が、まだまだ続いています。この辺りも、いつ南海・東南海大地震が起きてもおかしくないと言われており、その際には、相当な被害が予想されています。信州では津波の心配はありませんが、でも、地震のあとの大雨・豪雨があったとしたら、大変な「山津波」が起きるかもしれません。中沢や上伊那で実際にあった「三六災害」を思い起こすことで、危機意識を高めたり、自然災害が社会的にどう影響を残すのか・・・考えさせられたりしました。
 49号線、中沢大通りを長谷・高遠方面に進みながら、発電所跡地や砂防林など現地視察をしました。車に乗って通過するだけだと、山合いの谷間がちょっと開けているかなぁ・・・ぐらいにしか感じない場所ですが、一歩道路脇に入ると、砂防ダムがいくつも連続して造られており、全体的になだらかな傾斜地なのですが、その広大さに圧倒されます。現地に立ち、この広い面積全体が、土砂災害の被害にあったのだと思うと、語り継がれる被害の大きさを伺うことができるような気がします。この砂防林は、災害から50年以上経過した2012年に、ようやく完成したというのですから驚きです。知ると知らないでは、大きな違いが生まれるものだと思いました。

子ども達の熱いが釘付けに・・・

2016年06月01日 カテゴリー: 最新ニュース

5月31日(火)
 子ども達の目が、耳が、体が一点に集中・・・釘付けになってしまいました。さあ、何に釘付けなのでしょうか???
 
 今日は、「東京オペラシンガーズ」の皆さんが来校し、本格的な歌曲を聴かせていただきました。マイクなし・・・なのに体育館が弾けんがごとくの大音響で響き渡る歌声・・・まさしく本格的な「オペラ」です。子ども達に馴染みのある「大きな古時計」他、クラシックの名曲がズラリ。微動だにしない子ども達の集中度が凄いです。でも、リズム感のある曲には、ちゃんと反応したり、一緒に歌ったりと、一流音楽を一緒に楽しむことができました。テレビや映像、アイドル、デジタル音、刺激的な光線やライトなど・・・擬似的なものが溢れかえり、そこに夢見てしまうようなことが多い昨今、こういう純粋な生の音楽に触れることは、とても価値あることだと思います。
 
 順番が後先になりましたが5月も最終日となり、雨上がりの青空と雲と緑と西山が美しい季節となりました。清々しい朝の空気を胸いっぱいに吸いながら、全校体育で「じゃんけんスゴロク」を楽しみました。じゃんけんしながら、勝っても負けても必ず移動をして走るというゲームですが、少しでも多く進みたい・・・と意欲的にジャンケンをし、走りました。外遊びが少なくなった・・・と言われる現代っ子達ですが、中沢小では、こんなアウトドア活動を積極的に取り入れています。でも、一番ありがたいなぁと感じるのは、走って気持ちいいという環境に恵まれていることです。おいしい空気を吸い込み、西山を眺めながら一緒に走りませんか?

「読書週間」Special企画&5年生田んぼを走り回る・・・

2016年05月31日 カテゴリー: 最新ニュース

5月30日(月)
 読書週間は終わりましたが、図書委員会の特別企画として「パネルシアター」がありました。お話は「のっぺらぼう」・・・心待ちにしていた子が、開演前からドアの前に行列をつくってならんでいました。このために使ったパネルは、長いこと探していましたが、壊れかけたものが物置にしまわれていたそうで、それをリメイク師;山口さんが修理してくださり、今回の企画にもつながりました。何回も練習を積み重ね、今日のこの日を迎えて上手にできましたが、1回で終わってしまうのがもったいないような気がしました。次回も期待したいと思います。
 
 午後は、5年生が水を入れた田んぼの中を走り回りというか、歩き回りというべきなのか、とにかく人力で代掻きをしました。田下駄で昔ながらの方法を体験しつつ、ご想像の通り、田下駄を使わない子ども達は、泥だらけになりながら、全身で泥こねをしていました。もちろん、自然と生活体験の会の皆さんが、しっかりとサポートしてくださいます。しかし、人間は泥の中に入ると童心に返るもの・・・チョコッと部隊の皆さんが一番張り切って泥んこになっていたようです?
 いよいよ来週は田植え・・・米作りも佳境に入ります。

ウサギ小屋リニューアル&若き助っ人・・・中学生職場実習

2016年05月30日 カテゴリー: 最新ニュース

5月26日(木)
 6年生の飼育するウサギの住まいが新築されました。同じ場所ですが、小屋の外に出て散歩もできるスペースまでついているとか・・・。請負はリメイク師;山口(工務店?)さんとコーディネーターさん方です。完成まで、あと少しというところですが、6年生が運動場の囲いを造るための工事を終え、落成記念前の記念撮影を行いました。
 
 5月24日~26日の三日間、駒ヶ根東中から本校の卒業生でもある2名が、職場実習体験に来ました。庶務一般から雑用、授業のお手伝いと様々な活動を体験してもらい、休み時間には小学生の遊び相手と、大変な三日間となったようです。将来、学校に関係する職種に就きたいという希望で、今回の実習に至ったようで、今回の実習が、よい判断材料につながってくれるとうれしいです。

防犯教室&参観日

2016年05月27日 カテゴリー: 最新ニュース

5月25日(水)
 駒ヶ根警察署生活安全課の関口さん、そして皆さんご存知、中沢駐在所長の坂田さんのお二人に来ていただき、「不審者」対応を教えていただきました。「きょうは、イカのおすし」が大切だそうで、どんな意味かは、お子さんに聞いてみてください。声出しの練習もしましたが、どの学年もしっかりと出ていました。質問に対する反応や答え方も素晴らしく、警察官の方も関心をしていました。
 
 さて、今日は参観日。今年は、参観しやすいよう参観日を基本的に一日公開としました。午後の授業参観時間だけでなく朝から来校して授業を見られている方もおり、普段の子ども達の姿もご覧いただけたかと思います。また、今回は児童民生委員さんにも参観していただき、後の職員との懇談の参考にしていただきました。
 3年生は、市の芸能祭参加のため、花水木の皆さんと交流しながら「駒ヶ根市の歌」に合わせて踊りを教えていただいていました。6年生の教室には、初代炭焼き講師;すみよしやさんの宮下秀春さんにお越しいただき、炭焼きについて語っていただきました。
 いつもながら、参観者の皆さんはマナー良く授業をご覧になっており感謝であります。

ページのトップへ

2017年度 行事リスト

曜日 催し物 ・イベント名
12 1 JICA交流(4年)
4 読書旬間~17日
6 地区児童会③
8 あいさつの日
12 保護者懇談会~14日
15 保護者懇談会予備日
18 学期末大掃除~22日
26 2学期終業式
27 年末年始休業~1月8日

ページのトップへ

中沢小学校へのお問い合わせ

[*]は必須項目です。
氏 名*
フリガナ セイ メイ
住 所* (例:123-4567)
電話番号* (半角)
FAX (半角)
Email* (半角)
(確認用)
連絡方法 電話 メール
お問い合わせ内容

印は必須記入項目です。

以上でよろしければ、下記「入力確認」ボタンをクリックしてください。

個人情報のお取扱いについて

お送りいただいた個人情報は、許可なく第三者への開示を行いません。
詳しくは「個人情報保護方針」をご覧ください。

中沢のひと

中沢のひと一覧

20160510小島 利昭さん(88歳)
 去る4月17日、「駒ヶ根天竜かっぱ村開村28周年、かっぱ神社創建15周年記念祝賀会」が駒ヶ根市で開催さ...
続きを見る。
20150904古谷 和男さん、葉子さんご夫妻
もっと見る