中沢小学校だより

 

中沢小学校の近況をお伝えします。

中沢小学校からのお知らせ

暗闇と/光がコラボす/和みの里

2016年12月19日 カテゴリー: 最新ニュース

12月15日(木)
 ただ今、休み時間中ですが、子ども達は何やら真剣に勉強中のように見えます。しかし、辺りは暗い・・・
 「はなもも」さんが視聴覚室を使い、自分達の「光遊び」を中沢小学校の子ども達にも開放し、一緒に遊びながら交流を深めています。
 幻想的な一角で、光る絵やら文字やら色々と描いて楽しんだり、光る衣装を身に纏い、闇の中で楽しんでみたりと様々です。
 和みと癒しの時空は、こんなところにも及んでいる中沢小学校・・・今日も欠席者ゼロでした。ありがとうございます。

お話を/互いに読み合い/微笑まし

2016年12月16日 カテゴリー: 最新ニュース

12月15日(木)
 読書旬間、真っ只中。今日は、姉妹学年でペアになり、高学年児童が低学年児童に読み聞かせを行うという「お話のおくりもの」の日でした。絵本の読み聞かせというと、大抵は相手に絵を見せながら、読み手は横から文を盗み見ながら読むのが多い中、意外や、二人ペアの利点を活かし、二人とも同じ向きで本に向かい、高学年の子が読んで聞かせているという異色のところもありました。なるほど、これなら読み聞かせしてもらっている方も、あたかも自分で本を読んでいるような気持ちになれますね。一回りしてみると、色々な読み聞かせスタイルがあるものだなぁと勉強になります。交代して、下の学年の子が読み聞かせしてあげているところもあり、正に「和みと癒しの里~中沢~」を象徴するような微笑ましい時間でした。

二学期の/力作がズラリ/これにあり

2016年12月15日 カテゴリー: 最新ニュース

12月13日(火)
 師走も半ば・・・毎日がとぶように過ぎていく感じがします。学校は、保護者懇談会に突入します。そこで、本日は、懇談会に合わせて開催されている「校内作品展」の様子を、チョコッと紹介します。
 2階渡り廊下と視聴覚室前には、各学年の絵画作品がズラリと掲示されています。また、図画工作クラブの協同制作「みんな大好き春夏秋冬」や吊るし雛クラブの「吊るし雛」も展示されています。同じく2階家庭科室内には、5年生の「ナップザック」・「小物入れ」、6年生の「生活に役立つもの」といった家庭科の作品、廊下に「はなもも」さんの図工作品があります。各教室の廊下にも作品が展示されていますので、どうぞ、ごゆっくりご覧ください。

人権の/花を育てた/ごほうびに【2学年便り】

2016年12月14日 カテゴリー: 学年便り

12月10日(土)
<人権フェスティバル>
 「人権の花」感謝状贈呈式がありました。
 2年生は中庭の花壇で「人権の花」運動の取り組みをしてきました。10日(土)にあった長野県人権フェスティバルでは、その活動に感謝状が贈呈されました。2年生全員で花の世話をしてきましたが、特に水やり面で活躍してくれた生き物係の2名に、2年生代表として贈呈式に参加してもらいました。
 花を育てることで、命の大切さや育てる苦労、思いやりや協力の心、植えてお世話をした花が美しく咲いたときの喜び、達成感など多くの経験をすることができました。
 
12月12日(月) 
<大豆を選別中・・・>
 米袋3分の2ほど収穫できた中沢産大豆。現在、良い大豆とそれ以外のものに選別中です。
 量が確保できれば、販売も視野に入れていました。そのため、「自分がもらってうれしい大豆を選ぶ」という基準で選別を始めました。半分以上を過ぎたところで、良い大豆2割、悪い大豆8割という状況です。自然と体験の会の方も仰っていましたが、今年は不作だそうです。
 残念ながら、自分で育てた大豆で豆腐を作って終わってしまいそうです。そのため、大豆の販売は行いません。楽しみにしていただいた方々、大変申し訳ございません。
 一つ一つ大豆をチェックする子どもの眼差しは真剣です。「悪いものを売ってはいけない」という責任感を持って選別できました。結局、販売はしませんが、相手を考える良い経験ができました。その経験はプライスレス。

響く声/熱意の指導に/導かれ

2016年12月13日 カテゴリー: 最新ニュース

12月9日(金)
 『COSMOS』『地球星歌~笑顔のために~』『BELIEVE』『スタートライン』『星降る夜』など挙げたら切りが無いほどの名曲を世に送り出している、作曲家・指揮者の 富澤裕(とみざわゆたか)先生を、本校にお招きし全校児童が合唱指導をしていただけるという、とんでもない好機に恵まれました。
 夜中の1時過ぎに駒ヶ根のホテルに到着されたというのに、朝から全学年が順番に指導をしていただきました。まず、初回の歌声を聞いた上で、こんなふうに曲を歌おうとしていたんだね、と子ども達の努力や良さを認めていただいた上で、この曲は、こんな曲だから、こんな風に歌うといいよ・・・アドバイスをいただき歌ってみると、どの学年も、たった一言でたちまち歌声が変わります。正に目から鱗とは、このことです。発声やブレスのコツ、曲調の解説、音を重ねる和音の意味や重なり合った響きの美しさを体感、合唱に向かう姿勢などなど、数え切れないほど本当に多くのことを教えていただきました。時々飛び出すギャグは見事、子ども達のツボにはまったようで、転げ回って大笑いしていました。また、失礼にも「なんで汗かいてるの?」と聞いたり、ふくよかなお腹をさわりにいく1年生もいたりと、笑いあり涙ありの一日となりました。汗びっしょりになって、丸一日子ども達にご指導くださった富澤先生に感謝であります。
 元々、よく歌い、上手な中沢っ子達ですが、この日だけで、数段、上手になったように感じます。このような貴重な機会に恵まれた子ども達は幸せです。
 また、全国的に有名な富澤先生ですから、上伊那郡内のあちこちから勉強しに参観された先生方も多く、その熱心さにも頭が下がりました。

ページのトップへ

2017年度 行事リスト

曜日 催し物 ・イベント名
10 2 音楽会特別時間割開始
4 富澤裕先生歌唱指導
10 あいさつの日
11 先生方の研修会のため休業日
13 応援隊作業の日
17 校内音楽会
18 NMD
24 お弁当の日②(5・6年)
26 クラブ(最終)

ページのトップへ

中沢小学校へのお問い合わせ

[*]は必須項目です。
氏 名*
フリガナ セイ メイ
住 所* (例:123-4567)
電話番号* (半角)
FAX (半角)
Email* (半角)
(確認用)
連絡方法 電話 メール
お問い合わせ内容

印は必須記入項目です。

以上でよろしければ、下記「入力確認」ボタンをクリックしてください。

個人情報のお取扱いについて

お送りいただいた個人情報は、許可なく第三者への開示を行いません。
詳しくは「個人情報保護方針」をご覧ください。

中沢のひと

中沢のひと一覧

20160510小島 利昭さん(88歳)
 去る4月17日、「駒ヶ根天竜かっぱ村開村28周年、かっぱ神社創建15周年記念祝賀会」が駒ヶ根市で開催さ...
続きを見る。
20150904古谷 和男さん、葉子さんご夫妻
もっと見る