中沢小学校だより

 

中沢小学校の近況をお伝えします。

中沢小学校からのお知らせ

厳寒に/己が課題に/挑む時

2017年01月16日 カテゴリー: 最新ニュース

1月13日(金)
 子ども達が集まって何やら相談のような、打合せのような・・・何をしているのでしょうか?
 本校は1~6年生が混合で縦割りの「なかよし班」をつくり、その単位で清掃分担場所の清掃を行っています。年間に数回、場所換えがありますが、本日は、その最終回となります。班ごとに場所や手順を確認していますが、こんなシステムの中で、上級生が下級生を指導する、下級生は上級生に学ぶというスタイルができていきます。小規模校の大事な教育システムです。
 そして、午後は「漢字検定」が行われました。一般の大人の方も含め、43名の受検者が、それぞれの検定級のクリアに向かって真剣に取り組みました。全校で114名ですから、すごい受検率の高さです。
 全員、合格できるでしょうか? 満点賞はいるでしょうか?

弁当で/元祖!「食育」/「子育て」も

2017年01月13日 カテゴリー: 最新ニュース

1月12日(木)
 子どもが作る「弁当の日」提唱者;竹下和男先生をお招きし食育講演会を開催しました。対象は、高学年児童・保護者・職員です。2001年より香川県滝宮小学校で始まった「弁当の日」は、全国に広がり今や約2000校で実践されているとか・・・本校でも年間に数回、実施をしていますが、その趣旨を本家本元からお聞きできるという好機に恵まれました。
 現在の青少年教育、学校現場、世の中で起きているアンビリーバボーな親子問題事案を具体的に語っていただき、それを撲滅していくための方策が「弁当の日」であるとのこと。
 献立・買出し・調理・片付けまで、一切、子どもが弁当を作る活動を続けていくとどうなるか、数多くの実践例の映像を見せていただきながら、家事・炊事・生活習慣形成など、当たり前のことを小さいときから積み重ねていくことの大切さを教えていただきました。人間が人間として成長していくための大事な「ツール」がお弁当づくりだと思いました。
 親にとって子は存在そのものが宝。子にとって親の存在そのものが宝。しかし、飾り物のお宝ではなく、お互いに磨き合ってこそ本物の宝になる。磨き合うというのは難しいことではなく、普段の生活の中で、家事・炊事・掃除など生活に必要なことを幼少期から積み重ねていくこと。日常の些細なことの積み重ねから親子の絆、人と人との触れ合いが深まり、「人間脳」が育つのだと感じました。
<心に残った言葉>
・人は置かれた環境に適応する。
・人は環境を変える脳を持っている。
・世の中、思う通りになることは、ほとんどない。だから思う通りになった時は、嬉しい。
・「いかに自立につながる」弁当であるか。

新年の/決意も新たに/書初めに

2017年01月12日 カテゴリー: 最新ニュース

1月11日(水)
 まだ正月ボケしているかもしれない体と頭を活性化?・・・目覚ましがわりに全校音楽で手遊び歌「十五夜さんのもちつき」をやりました。歌詞に合わせて、動作が、どんどんレベルアップしていき、血流もよくなったのか、その後の授業がスムーズに進んだとか?
 冬休み中の書初めが掲示されています。中には新年の決意を書き初めに書いて掲示している学年もあり、目標設定への強い意気込みを感じます。目標達成の第一歩は、「書く」ことだと何かで読んだ記憶があります。書くことによって、より強く意識化でき、さらに掲示しておくことで、実現可能性の比率がグンと上がるのだそうです。自分の決意を毎日見ながら、短い三学期を充実させたいですね。

世の中が/みんなで受け入れ/改善を

2017年01月11日 カテゴリー: 最新ニュース

1月10日(火)
 小寒を過ぎ、日ごと寒さが厳しくなるこの頃、久しぶりの降雪に辺りは一面、白銀の世界となりました。そうすると、空の碧さとのコントラストが美しくなる冬晴れの一日・・・
 6年生が「認知症サポーター養成講座」をお聞きしました。講師は、保護者からW宮下さん、そして元民生児童委員の古谷さんの3名です。
 認知症がなぜ起きるのか、認知症になった場合どんな症状が表れるか、理解を深めました。認知症は、誰でも起きる可能性がある。認知症でない人から見ると、ちょっと変わった行動や言葉を発したり、人に迷惑をかけてしまうこともあるけれども、それは決して自分がしたくてしていることではない。また、周囲の人の接し方・関わり方によって症状が改善されたり進み方が、ゆっくりになったりすることもある。
 認知症の人を、みんなで受け入れてあげられる社会になってほしい、そんな願いも語っていただけました。
 世界で類をみない程の超高齢社会がやってこようとしている日本・・・そんな国で、これから生きていく子ども達にとって、とても大切な勉強になりました。

酉年は/「仲間」の絆で/羽ばたこう

2017年01月10日 カテゴリー: 最新ニュース

1月6日(金)
 穏やかな新春の陽射しが降り注ぐ本日、暦は、まだ松の内ですが三学期の始業式でした。今朝の「美しい夜明け」は世の中の平和や希望を感じます。
 
<三学期始業式>
 児童を代表し4年生の3人が、新年の抱負、三学期の目標を発表してくれました。読書や運動を頑張りたい、整理整頓を気をつけたい、Aドッジ大会を頑張りたい、誰とでも仲良くし他の子とも遊びたい、失敗しても受け入れ、プラスの言葉を言えるようになりたいなど、具体的な達成目標から将来にも繋がるような努力目標まで、色々と出してくれました。4年生でも自分の内面的な部分を見つめる眼が芽生えてきているのには驚きです。
 
<校長先生のお話から>
 去年も紹介しましたが目標の立て方、参考にやってみてください。
 2学期は「姿勢」「読書」「優しい」の3つをお願いしましたが、3学期は「仲間」で頑張ってほしいです。自分の仲間を大切に、仲間で協力してやりましょう。「チーム」と言ってもよいですね。
 校長先生が「仲間ってどこにいますか?」と尋ねると1年生が「はさまれてる~」とGOODな答え。仲間である隣同士で手をつなぎ合い、仲間であることを再確認しました。
 二学期の暗記のお題、「少年老い易く学成り難し・・・」を合格した人を紹介し、三学期は、あっと言う間なので時間を大切に勉強しましょう。そして、今年は酉年、思いっ切りはばたきましょう。

ページのトップへ

2017年度 行事リスト

曜日 催し物 ・イベント名
10 2 音楽会特別時間割開始
4 富澤裕先生歌唱指導
10 あいさつの日
11 先生方の研修会のため休業日
13 応援隊作業の日
17 校内音楽会
18 NMD
24 お弁当の日②(5・6年)
26 クラブ(最終)
11 1 なかよし月間(~30日)
2 南部音楽会(6年)
8 歯科検診
9 児童会④・保小連絡会②
10 あいさつの日・巡回映画
15 マラソン大会・参観日⑤・PTA講演会・学校保健委員会
16 児童会秋祭り
17 応援隊作業の日
21 マラソン大会予備日
24 計画休業日
27 小中連絡会②
29 お話のポケット
30 児童会⑤

ページのトップへ

中沢小学校へのお問い合わせ

[*]は必須項目です。
氏 名*
フリガナ セイ メイ
住 所* (例:123-4567)
電話番号* (半角)
FAX (半角)
Email* (半角)
(確認用)
連絡方法 電話 メール
お問い合わせ内容

印は必須記入項目です。

以上でよろしければ、下記「入力確認」ボタンをクリックしてください。

個人情報のお取扱いについて

お送りいただいた個人情報は、許可なく第三者への開示を行いません。
詳しくは「個人情報保護方針」をご覧ください。

中沢のひと

中沢のひと一覧

20160510小島 利昭さん(88歳)
 去る4月17日、「駒ヶ根天竜かっぱ村開村28周年、かっぱ神社創建15周年記念祝賀会」が駒ヶ根市で開催さ...
続きを見る。
20150904古谷 和男さん、葉子さんご夫妻
もっと見る