中沢小学校だより

 

中沢小学校の近況をお伝えします。

中沢小学校からのお知らせ

さよならピース ~郷土館近くに眠っています~

2014年05月02日 カテゴリー: 最新ニュース

さよならピース
 昨年の6月から中沢小学校,南組さんで飼っていた猫のピース。4月の30日に不慮の事故で息を引き取りました。わずか1年足らずの命でしたが、全校児童が大切に育て,癒やし癒やされ過ごしてきました。今朝は臨時全校集会を開き『ピースとのお別れ会』をしました。児童代表のお別れの言葉の後、小さな棺に全校児童が花を入れてあげました。桃源院の國枝さんがお経を上げてくださり、全員でお焼香をしました。和尚さんから「すべての生き物の命は大切にしなければならない。人間も猫も,生き物はすべて,自然から食べ物という命をいただいて育っている。それに感謝しながら、目を落としたときはまた、自然に還してあげるのです。」と教えていただき、お別れができました。さよならピース。学校を見下ろす民俗資料館、お気に入りだった床下付近に眠っています。
「児童作文より」
 今日、学校へお母さんと私でピースをさがしに来ました。学校のまわりや公みん館、ゆうびん局のまわりをさがしましたが、どこにもいませんでした。おなかをすかしていないか心配なのでさがそうと思いました。ピースはどこに行ったのかな。ちゃんとごはんは食べたかな。あったかな所でねれたかな。そんなことが心配でした。月曜日にピースに合うのがたのしみです。元気にがっこうにいるといいなあとおもいます。また学校に行ったら友だちといっしょに遊びたいと思いました。

美味しいお餅を楽しみに

2014年05月02日 カテゴリー: 最新ニュース

美味しいお餅をお楽しみに ~5年生米作り始まりました~
 毎年恒例の5年生の米作り。秋には保護者の皆様へ餅米の販売を行っていますが,市価の半額ということもあり、売り切れ続出。とにかく貴重な餅米を作るということで,期待も高まります。この日は自然と生活体験の会の皆さんと対面式を済ませたあと、早速田んぼに出向いて田起こしを行いました。鍬を使っての手作業ですが、毎年畑仕事を行っている中沢っ子、とても初めての作業とは思えないほど。あっと言う間に3畝程の田んぼを起こし終えました。これから籾播き、代掻き、お田植えと作業は進みます。これまた30日は初めての籾播き体験。頑張ります。

アサギマダラを呼ぼう~フジバカマ園~

2014年05月01日 カテゴリー: 最新ニュース

アサギマダラを呼ぼう ~フジバカマ園を造りました~
 アサギマダラ (Parantica sita niphonica)はタテハチョウ科マダラチョウ亜科に属し、黒と褐色の模様と、ステンドグラスを思わせる透けるような薄い浅葱(あさぎ)色の斑(まだら)紋様の羽を持っていることから、この名前がついています。アサギマダラを有名にしたのはその渡りのすごさです。春から夏にかけては本州等の標高1000メートルから2000メートルほどの涼しい高原地帯を繁殖地とし、秋、気温の低下と共に適温の生活地を求めて南方へ移動し、遠く九州や沖縄、さらに八重山諸島や台湾にまで海を越えて飛んでいくそうです。アサギマダラは県内でも見かけられ、先年には永見山でも生息が確認されています。このアサギマダラを中沢小学校にも呼ぼうと,好物のフジバカマを育てることになりました。上割の田村さんからいただいた苗を、コーディネーターの竹村さんがグランド南西のバックネット裏を整備して定植してくださいました。この場所は同窓会長さんの佐久間さん家の前、根がつくまではしっかり管理してくれるそうです。地元の皆さんのお力をお借りして,中沢っ子はまた新たな経験を積めそうです。

キノコの森を守ります ~椎茸1000個クリ茸500個~

2014年04月30日 カテゴリー: 最新ニュース

キノコの森を守ります  ~菌打ち~
 先日お伝えしました中沢公民館「キノコの森」。故山口久人館長さんが作ってくださったものが間もなく寿命を迎えそうということで、新たな原木を準備しました。4月のPTA作業で50本ほどのナラの木を用意し、今日は2年生が菌打ちです。中沢はキノコの名産地ということもあり、応援要請をお願いすると,その道の達人が7名も集まってくださいました。菌がよく回りそうな木を選び出し、専用のドリルを使って穴を開けていきます。その後子ども達が木槌を使って、椎茸1000個・クリ茸500個の菌駒を手際よく打ち込みました。菌打ちと並行して,この冬の大雪で歪んでしまった寒冷紗をかける棚の修理も応援隊の皆様のお力で完了。約1時間ですべての作業を終えることができました。2,3年後には立派なキノコが採れることと、キノコの森が末永く守られることを期待して報告いたします。

大きな硬い手が,中沢っ子を育てます!

2014年04月28日 カテゴリー: 最新ニュース

大きな硬い手 ~自然と生活体験の会~
 中沢小学校応援隊の中の主力部隊「中沢自然と生活体験の会」の皆さんとの顔合わせ会がありました。昨年度このページでご紹介しましたが、中沢公民館の部会の一つで、長年にわたり中沢小学校、保育園の体験活動に貢献した功績で駒ヶ根市市政功労賞を受賞している皆さんです。2年生の大豆作り、5年生の餅米作り、更に今年は4年生の菜園経営まで、農地の手配から耕耘、栽培,収穫に至るまですべての過程を手ほどき応援してくださっています。今年も5年生の田起こしを前に,各学年の子ども達と顔合わせ会を行いました。子ども達が「大きなトウモロコシを作って,丸かじりしたいです。」「大豆からお味噌を作ってお母さんにごちそうしたいです。」等々決意表明。それをニコニコ顔で聞いてくださいました。会の最後は,子ども達全員と握手。「硬くて大きい手だね。」中沢っ子は今年も,いろんな体験をします。お世話になります。

ページのトップへ

2017年度 行事リスト

曜日 催し物 ・イベント名
12 1 JICA交流(4年)
4 読書旬間~17日
6 地区児童会③
8 あいさつの日
12 保護者懇談会~14日
15 保護者懇談会予備日
18 学期末大掃除~22日
26 2学期終業式
27 年末年始休業~1月8日

ページのトップへ

中沢小学校へのお問い合わせ

[*]は必須項目です。
氏 名*
フリガナ セイ メイ
住 所* (例:123-4567)
電話番号* (半角)
FAX (半角)
Email* (半角)
(確認用)
連絡方法 電話 メール
お問い合わせ内容

印は必須記入項目です。

以上でよろしければ、下記「入力確認」ボタンをクリックしてください。

個人情報のお取扱いについて

お送りいただいた個人情報は、許可なく第三者への開示を行いません。
詳しくは「個人情報保護方針」をご覧ください。

中沢のひと

中沢のひと一覧

20160510小島 利昭さん(88歳)
 去る4月17日、「駒ヶ根天竜かっぱ村開村28周年、かっぱ神社創建15周年記念祝賀会」が駒ヶ根市で開催さ...
続きを見る。
20150904古谷 和男さん、葉子さんご夫妻
もっと見る