中沢小学校だより

 

中沢小学校の近況をお伝えします。

中沢小学校からのお知らせ

土曜参観日

2015年06月07日 カテゴリー: 最新ニュース

6月6日(土)
 前日の夜から久しぶりに降った雨もあがり、さわやかな朝を迎え、土曜参観日でした。やはり出席率の高さはみごとで、どの教室も90%を越えていたようです。そして参観マナーも素晴らしいです。
 3年生の教室では、地域探検のまとめを班で分担し地図にまとめていました。相談して協力し合いながら地区ごとの地図を作っている姿がいいですね。2年生は、もうすぐ大豆づくりが始まります。その準備で「My手づくり看板」を作っていました。看板に使う木は、用務員さんにあらかじめ切断しておいてもらっており、この辺も応援隊の充実する中沢小ならではですね。1年生は、ひらがなの練習やあさがおの観察記録を丁寧に書いていました。みんな黙って自分の勉強に集中していて、入学後2カ月の成長を感じさせます。4年生は、大きな数の単位、「京」・「垓」・・・「恒河沙(こうがしゃ)」「阿僧祇(あそうぎ)」「那由他(なゆた)」「不可思議(ふかしぎ)」「無量大数(むりょうだいすう)」と一つ一つ上の単位を紹介するたびに「えーーーーー!?」という歓声が起きていました。素直な子ども達です。5年生の教室では、お家の人が世界地図を前に行ったことのある国を紹介する場面があり、中に数十カ国を旅行したというお母さんがいて、どよめきが起きる一幕がありました。6年生では、魚の解剖を行っていました。お家の皆さんも周りで興味津々・・・胃袋を切り裂くと中から小エビが丸ごと出て来てビックリしていました。

先生たちも勉強です

2015年06月06日 カテゴリー: 最新ニュース

6月3日(水)
 「竜東3校の会」ということで、東中・東伊那小・中沢小の先生達が集まって研修会を行いました。今回は、東伊那小が当番校なので、東伊那小学区にある歴史的な名所・旧跡を訪問して地域巡りをしました。歴史に詳しい教育長の小木曽伸一先生が講師で、解説をしてくだしました。思わぬ所に、由緒ある歴史的遺産がたくさん残されていることに驚かされました。小木曽先生のお話によると、「中沢」という地名の由来の一つに、三峰川と小渋川の真ん中にあるから、つけられたという説があるそうです。
 江戸時代、東伊那は高遠藩領だったということもあり、それに関係した遺物が多く残されています。高遠藩の設置した材木改めの川番所「大久保番所」跡、「新六様のお屋敷」「善福寺」「大久保蓮台場」などを回りました。「善福寺」には、守屋貞治の石仏があり、江戸時代の作とは思えないほど、きれいで端正な顔立ちの石仏が現存していました。裏山には、駒ヶ根市有形民俗文化財に指定されている三十三観音が安置されており、ぐるりと一回りすると結構なハイキングコースになりました。また、白隠禅師が書いたと伝わる掛け軸が残されており、全員で鑑賞しましたが、達筆過ぎて何と書いてあるのかわかりませんでした。
 来年は、中沢小の当番ということで、中沢巡りを予定しています。

5年生「田植え」終わる

2015年06月04日 カテゴリー: 最新ニュース

6月2日(火)
 梅雨入り前の、さわやかな晴天の下、5年生が田植えをしました。ご指南役は、もちろん中沢小学校御用達の応援隊、「自然と体験の会」の皆さんです。苗の持ち方や、植え方について説明をお聞きした後、さっそく泥の中へ・・・ 今回は、代掻きの時のようなわけにはいきません。慎重に慎重に田んぼに足を踏み入れ、大切に大切に植えていきます。中沢保育園の皆さんも一緒に田植えをして交流もしました。収穫を楽しみに秋まで水見管理などをしながら育てていきます。

PTA作業ごくろう様でした

2015年06月03日 カテゴリー: 最新ニュース

5月30日(土)
 このところ急激に気温が上昇して、初夏を通り過ぎて真夏を感じさせるような強い日射しが肌を照りつけます。そんな大変な中、PTA作業が行われました。今回は1・3・5年生のお家の皆さんと5年生児童の皆さんの参加でしたが、出席率はほぼ100%・・・本当に頭が下がります。こういう、まとまりのよさと子どもを思う気持ちが学校支えてくれているのだと改めて感じます。
 学校北側の大土手斜面の草刈り、敷地内の草取りが主な仕事でしたが、さすがは、あの原木運び・薪割りを見事にこなしていたお父さん、お母さん方で、何の心配もなく、あっという間に終わってしまいました。斜面の草刈りといっても、その斜面が半端ではありません。斜度50度は楽に越えていると思うような急斜面なのですから・・・
 休憩に麦茶のサービスがありました。裏側に「中沢小学校PTA」と印字された、懐かしい湯飲み茶碗が用意されており、一杯ずつ注いでくれるのです。飲み干すと、「チョコッと部隊Jr.」と言ってもいいでしょうか・・・子ども達が、おかわりも注いでくれるのです。大抵、どこの学校や地区でも、おそらくペットボトル配布が多いかと思いますが、こんな光景を見ていて、東京オリンピック招致の際、流行した言葉「お・も・て・な・し」を思い出しました。中沢小では、毎年、当たり前に行われている一コマなのかもしれませんが、現代の日本人が忘れかけている「おもてなし」の心が受け継がれているように思いました。
 最高気温は30度を超す真夏日となりましたが、中沢を駆け抜けていく、さわやかな涼風を感じる一日でした。
 

5年米作り作業・・・代かきなのかな?

2015年06月01日 カテゴリー: 最新ニュース

5月29日(金)
 5年生の米づくりが着々と進んでいます。今日は、「代掻き」を行いトンボで土を平らにならしました。講師は、もちろん応援隊の「自然と体験の会」の皆さんです。
 泥の感触や水の冷たさに、子ども達の「キャーーーー」という悲鳴が周囲にこだまします。草やわらを土中に踏み込むための「田げた」を体験させてもらいましたが、これを履いて歩くのは至難の業。やがて悲鳴とともに土中に尻もち。そんな繰り返しで、代掻きなのか泥遊びなのか・・・という状態になり、学校へ帰ってきた姿は、頭のてっぺんから足先まで泥だらけ・・・これが、子ども本来の姿なのでしょうね。
 人間は土いじりをすると不思議と心が落ち着くようです。都市部の生活に疲れた人が、郊外にわざわざ畑を買って野菜園をつくっているという話を聞きます。信州には、すぐ身のまわりに心を癒やしてくれる、たくさんの恵みがあります。そのことに気づき、そういう環境をいつまでも守っていけるといいなぁと思います。

ページのトップへ

2017年度 行事リスト

曜日 催し物 ・イベント名
10 2 音楽会特別時間割開始
4 富澤裕先生歌唱指導
10 あいさつの日
11 先生方の研修会のため休業日
13 応援隊作業の日
17 校内音楽会
18 NMD
24 お弁当の日②(5・6年)
26 クラブ(最終)
11 1 なかよし月間(~30日)
2 南部音楽会(6年)
8 歯科検診
9 児童会④・保小連絡会②
10 あいさつの日・巡回映画
15 マラソン大会・参観日⑤・PTA講演会・学校保健委員会
16 児童会秋祭り
17 応援隊作業の日
21 マラソン大会予備日
24 計画休業日
27 小中連絡会②
29 お話のポケット
30 児童会⑤

ページのトップへ

中沢小学校へのお問い合わせ

[*]は必須項目です。
氏 名*
フリガナ セイ メイ
住 所* (例:123-4567)
電話番号* (半角)
FAX (半角)
Email* (半角)
(確認用)
連絡方法 電話 メール
お問い合わせ内容

印は必須記入項目です。

以上でよろしければ、下記「入力確認」ボタンをクリックしてください。

個人情報のお取扱いについて

お送りいただいた個人情報は、許可なく第三者への開示を行いません。
詳しくは「個人情報保護方針」をご覧ください。

中沢のひと

中沢のひと一覧

20160510小島 利昭さん(88歳)
 去る4月17日、「駒ヶ根天竜かっぱ村開村28周年、かっぱ神社創建15周年記念祝賀会」が駒ヶ根市で開催さ...
続きを見る。
20150904古谷 和男さん、葉子さんご夫妻
もっと見る