中沢小学校だより

 

中沢小学校の近況をお伝えします。

中沢小学校からのお知らせ

平成27年度「卒業証書授与式」挙行

2016年03月23日 カテゴリー: 最新ニュース

3月19日(土)
 別れを惜しむかのように朝から雨が降り続き、体育館の屋根を打つ音が式場を包んでいました。6年生18名にとって小学校生活最後の日、「卒業証書授与式」が行われました。児童玄関には、所狭しと思い出の写真などが掲示され、卒業生を迎える準備万端です。この充実ぶりは、本当に小規模校ならではですね。
 歌の中では、卒業生の呼びかけに、アドリブの台詞(担任の先生に対する感謝の一言)が追加され、卒業していく6年生の成長ぶりを感じました。数々のサプライズプレゼントも用意されており、本当に愛されている子ども達なんだなぁと思います。
 大勢のご来賓、保護者の皆様にも出席していただき、職員で見送る頃には晴れ間も覗き、無事に卒業生を送り出すことができました。そして、中沢小学校の平成27年度の最終日を終了することができました。学校を支えてくださった多くの皆様方、ありがとうございました。
 
【今年度末をもって転退職される先生方】
・1学年担任 安藤 幸彦  南牧村立南牧南小学校へ
・4学年担任 藤城 利江  上田市立東小学校へ
・南組担任  北山 優子
  塩尻市辰野町中学校組合立両小野中学校へ
・支援員   山内 京子  駒ヶ根市立東中学校へ
<はなももの里分教室>
  ・小学部担任 藤井 加奈子 ご退職   
  ・分教室主任 亀井 政昭  花田養護学校へ (敬称略)
 

豪華!! 元祖「駄菓子屋」~卒業・卒園を祝って~

2016年03月19日 カテゴリー: 最新ニュース

3月17日(木)
 6年生を送る会に続いて、午後は6年生と応援隊の皆さんによる交流作業として窓拭きを行っていただき、それに続いて久しぶりの「駄菓子屋」・・・でも、今回は卒業・卒園お祝い駄菓子屋なので、今年度最終となります。最近、駒ヶ根市内の小学校で「駄菓子屋」をやったという新聞記事がありました。記事には詳しく書かれていませんでしたが、中沢小学校の「駄菓子屋」の新聞記事を見た、その学校の小学生が、「一度でいいから、中沢小学校のような駄菓子屋をやってほしい」と校長先生に懇願し実現したことのようです。ですので、他校の駄菓子屋と混同されないよう今後、中沢小学校では、「元祖・駄菓子屋」と名乗りたいと思います?
 今回のスペシャル企画として、チョコッと部隊の皆さんが「綿アメ屋」さんを開店。さらには、蔵沢寺の天章さんが「団子屋」さんを開店。そして、井筋博士の竹村コーディネーターさんが、非常食用のアルファ米を調達してくださり、炊き出しおにぎりにして振舞いました。無料コーナーが、あちこちに立ち並び、終わってみれば、豪華絢爛の駄菓子屋となり、お金がなくても、お腹いっぱいになりました。お腹がいっぱいになると幸せ感もいっぱいで、いい6年生を送る会の一日になったなぁと思います。

満を持して「6年生を送る会」開催!

2016年03月18日 カテゴリー: 最新ニュース

3月17日(木)
 インフルエンザ流行のため延期に次ぐ延期をした「6年生を送る会」が、本日、無事に行われました。半分の学年が学級閉鎖を経験していましたが、各学年、準備不足とは思えないほど、しっかりとした発表で、会場は「涙と笑いと感動」の坩堝(るつぼ)となりました。
 1年生・・・6年生への感謝の言葉を呼びかけや、替え歌で発表。2年生・・・なまけ虫、いじめ虫を大玉で退治する寸劇で6年生を激励。3年生・・・豪華6年生応援団がエール! 4年生・・・6年生の思い出をスライドで紹介。5年生・・・6年生ひとりひとりの1年生の時の顔写真をスライドで紹介しながら、長所を発表。6年生からは、「きゃーー、かわいいーーー」の悲鳴が何回もあがりました。最後に6年生、感謝の呼びかけの後、「ただ前へ」の歌のプレゼントがありました。5年生が準備した、くす玉もきれいに割れ、アーチをくぐって旅立っていきました。
 そして、午後は、奉仕活動として応援隊の皆さんと一緒に窓拭きを行い、小学校生活最後の駄菓子屋を楽しみました。
卒業式まで、あと2日です。

2年生、味噌作り

2016年03月17日 カテゴリー: 最新ニュース

3月15(火)~16日(水)
 年度末が見えてきた、この時期でも、大忙しです。
 2年生が二日間かけて味噌作りを行いました。今まで育ててきた大豆をコツコツと選別してきました。まず一日目は、朝からじっくりと煮込み、大豆を柔らかくしました。ガスコンロの火力に限界があるので、どうしても煮込むのに時間がかかってしまいます。でも、子ども達が、灰汁(あく)をとりながら煮ていたので、そういう意味では、良かったのかもしれません。大釜で煮る薪の火力は凄いのですね。自然の力の偉大さを感じます。
 そして二日目は、いよいよ麹(こうじ)と塩、茹でた大豆を混ぜ、大豆をつぶして味噌玉にし、味噌が発酵してくるのを待ちます。足で踏んだり、手で潰したり・・・もちろんビニール袋の中に入れてですが、「楽しい~」と作業を楽しみながら行っていました。
 二日に渡って「チョコッと部隊」の方にお手伝いもいただき、二年生の一大イベントも無事終了しました。
 

6年生にエール!!

2016年03月16日 カテゴリー: 最新ニュース

3月15日(火)
 卒業式が近づき、卒業生に有形無形、様々な激励が届きます。今日もいくつかありました。
 
 まずは応援隊;内城さんからアマリリスの鉢植え一鉢、そしてポットのパンジー(二百個以上)を卒業記念に届けていただきました。とにかく半端ではない個数に仰天・・・しかも無料なのです。内城さん曰く「これが応援隊の心意気」、頭が下がります。
 次に、応援隊運営委員長;木下幸安さんから6年生に一足早い卒業お祝いメッセージということで講話をしていただきました。
 木下さんが小学生だった頃のお話に始まり、消防団員として25年間、災害防止の活動をしたこと。50歳から市議会議員として20年間お勤めし、上下水道の普及や市文化会館建設など皆さんのために尽力したこと。70歳から老人大学に入り「水墨画」を習い始め、今では師範格まで上達したことなど、ご自分の生き方や中沢の話題を中心に語ってくださり、自分の人生を振り返りながら、自分の思いが通ってきた人生だったが、多くの仲間に助けてもらった。平成26年に「旭日双光章」を叙勲したことも、多くの仲間のおかげであると述べ、最後にエールメッセージをくださいました。
<卒業生へのメッセージの概略>
 朝食をとり規則正しい生活をして、まず、じょうぶな体をつくってほしい。多くの仲間をつくってほしい。何ごとにも負けない心を養ってほしい。その基礎をつくるのが小学校・中学校であるから、やる気を起こして頑張っていってほしい。やがて、自分が好きなこと、やりたいこと、命をかけてやり通したいことも出てくる。「自分が一生懸命にやれば、幸せは、その後からついてくる。」
 
 人生の年輪から発せられる言葉には、やはり重みを感じました。
 
 ここでは紹介しませんが、その他にもサプライズプレゼントがいくつも舞い込み、皆からの祝福があり、本当に幸せな6年生だと感じます。

ページのトップへ

2017年度 行事リスト

曜日 催し物 ・イベント名
10 2 音楽会特別時間割開始
4 富澤裕先生歌唱指導
10 あいさつの日
11 先生方の研修会のため休業日
13 応援隊作業の日
17 校内音楽会
18 NMD
24 お弁当の日②(5・6年)
26 クラブ(最終)
11 1 なかよし月間(~30日)
2 南部音楽会(6年)
8 歯科検診
9 児童会④・保小連絡会②
10 あいさつの日・巡回映画
15 マラソン大会・参観日⑤・PTA講演会・学校保健委員会
16 児童会秋祭り
17 応援隊作業の日
21 マラソン大会予備日
24 計画休業日
27 小中連絡会②
29 お話のポケット
30 児童会⑤

ページのトップへ

中沢小学校へのお問い合わせ

[*]は必須項目です。
氏 名*
フリガナ セイ メイ
住 所* (例:123-4567)
電話番号* (半角)
FAX (半角)
Email* (半角)
(確認用)
連絡方法 電話 メール
お問い合わせ内容

印は必須記入項目です。

以上でよろしければ、下記「入力確認」ボタンをクリックしてください。

個人情報のお取扱いについて

お送りいただいた個人情報は、許可なく第三者への開示を行いません。
詳しくは「個人情報保護方針」をご覧ください。

中沢のひと

中沢のひと一覧

20160510小島 利昭さん(88歳)
 去る4月17日、「駒ヶ根天竜かっぱ村開村28周年、かっぱ神社創建15周年記念祝賀会」が駒ヶ根市で開催さ...
続きを見る。
20150904古谷 和男さん、葉子さんご夫妻
もっと見る