Topics トピックス一覧

中沢、なう!

中沢の近況をお伝えします。

2014年01月12日中沢の様子

1月11日に中割のどんど焼きが香花社にて行われました。子供と保護者、役員の方など40人ほどが集まりました。寒い朝でしたが子供たちは元気に各家をまわり正月飾りや門松を集めていました。役員さんとお父さんたちが一緒になって飾り物を積み上げ、てっぺんに大きなだるまを飾ったどんど焼きが完成しました。点火は6年生の3人が行い、たちまち大きな炎になりました。竹の弾ける大きな音がしばらく続きましたが、20~30分ほどで小さな火になりました。子どたちは持参したお餅を焼き、砂糖しょうゆやあんこをつけて食べていました。境内に子供たちの笑い声が響いた、楽しいどんど焼きでした。HS

ページのトップへ

2014年01月12日中沢の様子

1月10日の最低気温はマイナス10℃でした。快晴で中央アルプスと南アルプスの山々があまりにも綺麗でしたので思わず写真に納めました。前日の雪でいつもと違った景色でした。中沢から見るアルプスは最高ですね。中沢から南アルプスはあまり見えませんが赤穂からの眺めも戸倉山と仙丈岳がマッチして綺麗ですよ。ki

ページのトップへ

2013年12月24日中沢の様子

12月24日、今日は待ちに待ったクリスマス会。まずはキャンドルサービスから始まりました。子供達が一人ずつろうそくに火をつけてもらいながら遊戯室に入場します。遊戯室には、子供達手作りのかわいらしいオーナメント(クリスマス飾り)がいっぱいに飾られ、クリスマスの雰囲気に満ちています。キャンドルの灯りは、穏やかなひと時を与えてくれました。みんなで、園長先生からクリスマスのすてきなお話を聞きました。
続いて、男の子が女の子をエスコートしてダンスパーティー。小さな子も大きな子も元気いっぱいに踊ります。体を動かした後は、先生たちによる、ちょっとビックリのマジックショー。魔法をかけた大きな箱の中に物を入れると…あら不思議、なんでも大きくなってしまいます。その箱にサンタの人形を投げ入れたら…。わ!お待ちかね、本物のサンタさん登場です!子供達は大喜び。サンタさんに、たくさん質問を投げかけていました。「そりはどうやって直すんですか?」「妖精たちが直すんですよ。」…。
そしてサンタさんからプレゼントをもらった子供達、とっても嬉しそうでした。今日はお昼ごはんも、クリスマスバイキング!幸せいっぱいの子供達です。みなさんにも、メリークリスマス! FK

ページのトップへ

2013年12月24日お知らせ

毎年、この時期に中沢高齢者クラブの皆さんが、公民館の玄関にしめ縄の飾り付けをしてくれています。
竹と松を館長さんが用意し、しめ縄は上割の佐藤さんが手作り。
それを役員の皆さんで、協力して飾り付けいただきました。
この飾りがされると、いよいよ今年も終わり。
皆さん、良いお年をお迎えください。
【中沢公民館KS】

ページのトップへ

2013年12月19日お知らせ

今年度の中沢公民館『親子の教室』が、閉講式を迎えました。
今日は、昨日からの雪で出足を心配していましたが、子ども達は全く関係ありません!
1ヶ月に1回しか会えませんが、元気いっぱいで集まってくれました。
最後の今日は・・・クリスマスの飾りのひとつ「ベル」を手作り。
プリンなどの容器にアルミホイルを巻き付け、穴を開けて紐を通します。
通った紐に、アルミホイルの玉を付ければ完成☆
子どもはアルミホイルに思い思いの色を塗ってくれました。
その後は、先生が用意してくれた楽器で、クリスマスの曲を一緒に歌いました。そんな元気な歌声に、どうやらサンタさんもちょっと早いですがプレゼントを届けてくれましたよ。プレゼントをもらって、みんなお利口で紙芝居を聞いて帰りました。
来年から保育園に行かれる方もいらっしゃいましたが、これからも真正面から子と向き合い、子を教え、そして時に子から教わりながら、共に成長をしていきましょう。
さてさて来週は、いよいよクリスマス★
良い子のみんなの家にも、素晴らしいサンタさんが来ますように・・・
【中沢公民館KS】

ページのトップへ

2013年12月17日お知らせ

今日は、中沢保育園すみれ組(年中)の親子クッキングです。
はじめに管理栄養士の先生と給食の先生からお話を聞き、いざ調理開始。
本日のメニューは、この地域の郷土料理のしょうゆ汁、さかなのつくね、ゆかり和え、ご飯、りんごです。
子どもにとっては難しい千切りやみじん切りにも挑戦しました。昨年よりずっと手つきも上手になっていて驚きましたね。
調理を見守っているお父さんお母さんはひやひやしながらも、我が子の成長を感じながら楽しいひと時を過ごすことができました。
さて、出来上がったらみんなで会食です。どれも素材の味がよく出ていて、なんとも言えない優しい味がしましたよ。「美味しいねっ」と言って子ども達は笑顔で、モクモク食べていたのが印象的でした! (MA)

ページのトップへ

2013年12月16日中沢の様子

中沢地区営農組合では、干し柿の一種「あんぽ柿」の特産品化に取り組んでいます。
原料の柿は、「平核無(ひらたねなし)」で、地元農家が栽培し、加工販売まで行います。
今年は生柿535キロ、約2800個の皮をむいて干し、製品に仕上げました。
「あんぽ柿」は、通常の干し柿とは違い、果肉に水分を残してゼリー状の半生にするのが特徴です。
半生のため賞味期限は3週間ほどで、すぐに食べない時は冷凍すると長期保存できます。
冷凍しておき、お酒の後のデザートにどうぞ 絶品ですよ。
かっぱふれあいセンター直売所で、販売をしています。KI

ページのトップへ

中沢のひと

中沢のひと一覧

kinosita120191227木下 佳信さん
りんごのきのした農園園主の木下佳信さんをご紹介します。 木下さんは1975年福岡県生まれ。お母様のご実...
続きを見る。
20181203宮下学さん
もっと見る