Topics トピックス一覧

中沢、なう!

中沢の近況をお伝えします。

2016年11月29日中沢の様子

 11月26日(土) 中沢小学校の2年生が、春から大事に育ててきた大豆の収穫祭を行いました。朝から親子で豆腐作りに挑戦、今日こそは成功させようと小学校の調理室は熱気に包まれていました。
 子ども達は授業で試作をしていたので、パッパと手際よく豆腐作りを進めていきます。大豆をミキサーにかけ、鍋に入れこげないよう丁寧にまぜていきました。おからと豆乳に分け、豆乳を75℃になるまで温め、いよいよにがりの登場です。タイマーで時間を計り、木枠に入れドキドキしながら完成を待ちました。試作の時にはにがりを入れるタイミングや温度調節など失敗してしまった班もあったようでしたが、今日は大成功!!見事なお豆腐の出来上がりです。豆腐のほか、おからサラダ・おからと豆腐のチーズナゲット・ヘルシーおから餅・おからとジャガイモのコロコロ揚げなどおから料理を子ども達が考えて作りました。 昼食会には、春からずっとお世話になった中沢公民館「自然と体験の会」の皆さんをお招きし、みんなで美味しくいただきました。『お豆腐がこんなに簡単に作れるなんて・・。』と驚いているお母さんもいましたよ。
 自分で育てた物を、自分で調理して食べることが出来る・・・なんて幸せな子ども達。これも地域の方々のおかげと感謝して、これからも生活していきたいですね。 (MA)

ページのトップへ

2016年11月22日中沢の様子

 中沢公民館の周りも紅葉がすすみ、このところずいぶん寒くなってきた中沢ですが、この日(11月17日)は、風もなく穏やかで絶好の焼き芋日和! 毎年恒例、中沢公民館【親子の教室】の焼き芋会が行われました。サツマイモを新聞紙で包んで水に濡らしてアルミホイルで包んだら完成です。朝から公民館長さんと主事さんが焚き火の用意をしてくれてあったので、後はお芋を入れるだけ。焼きあがるまでは中沢保育園で遊ばせてもらい、1時間ほどして戻ってきた頃にはあつあつの美味しそうな焼き芋が出来上がっていました。食べた子どもたちからは「あまくておいちぃ~。」とあちらこちらから聞こえ、お母さん達からは「家ではなかなかこんなふうに焼き芋ができないから、今日は子どもにいい体験をさせてあげれて嬉しい。」と喜びの声も聞かれました。親子でステキな1日が過ごせましたね。 (MA)

ページのトップへ

2016年11月19日中沢の様子

11月10日(木)
 落ち葉舞う寒空のもと、中沢保育園で毎年恒例のもちつき会が行われました。
 もち米を窯でふかし、杵とうすでぺったんぺったん♪毎年家でもちつきをしている家の子供さんはさすが慣れた手つきでした。
今はもちつき機があったり、便利な世の中ですが、古くからのやり方もまたいいものですね。
もちつきが終わったら、年長さんたちが丸めたおもちをごま・きなこ・あんこ・みたらしなどに絡めて仕上げをしました。
 そのあとは、1年にわたり中沢保育園の活動で大変お世話になった「自然と体験の会」と保護者会役員の皆様をお客様に迎え、会食を楽しみました。
自然と体験の会の宮脇さんがハーモニカを披露してくださいました。
おいしいおもちはあっという間にペロリ!!つきたておもちは本当においしかったです。子供たちのかわいい笑顔に癒された楽しいもちつき会でした。(star🌠)

ページのトップへ

2016年11月08日中沢の様子

 11月5日、6日 中沢区文化祭が盛大に行われました。
 今年は、公民館学級講座や文化団体の皆さんの作品に加え、小学校・保育園・区民の皆さんからの作品も多く寄せられ、公民館の各部屋には様々な作品が所狭しと展示されました。さらに、中沢保健補導員のみなさんによる〝骨密度測定”〝体組成測定”には朝から多くの方が訪れ、保健補導員の皆さんも嬉しい悲鳴をあげ、てんてこ舞い。〝なかっぱすいとん”の試食、パンとこんにゃくの販売、恒例の珈琲喫茶、屋外には軽トラ市と中沢食堂も開店し、大賑わいの2日間となりました。
 芸能発表会では、大曽倉神楽保存会による迫力のある神楽の舞をはじめ、美しい演奏を披露した東中音楽部・小学校合唱団・若草コーラス・童謡唱歌を歌う会の皆さん等、日頃の練習の成果を十分に発揮されていました。ステージに立つ人も見る人もみんな中沢の方が中心ですが、普段の顔とはちょっと違った一面を見ることができた楽しいひと時でした。
 分館役員ならびに関係団体のみなさん、準備から片付けまで大変お疲れさまでした。 (MA)

ページのトップへ

2016年10月27日中沢の様子

 中沢公民館初の試み『名峰 戸倉山へ登ろう』の講座が22日(土)に行われ、駒ヶ根市内外から、下は8歳から上は76歳までの35名が参加。爽やかな秋晴れのなか、ゆっくりと山歩きを楽しみました。
 この企画は、中沢公民館運営審議会のみなさんからの要望により実現したもの。午前9時に戸倉山キャンプ場をスタートし、途中には講師の中山 清志さんから、「天狗伝説の岩」「馬止の松」など、山に纏わる言い伝えなどを聞きながら、およそ3時間かけて頂上に到着しました。山頂からの眺めは最高で、伊那谷はもちろん中央アルプスと南アルプスの2つの壮大な山々を堪能することが出来ました。参加者の方からは、「中沢に長いこと住んでても、戸倉山に登ったことがなかったから今日は本当に良かった。」「来年もぜひやってほしい。」などの言葉があちらこちらから聞かれました。 (MA)

ページのトップへ

2016年10月18日中沢の様子

~運動会の様子(スナップ)~
 消防団の皆さんは、広報のほか中沢区内の見回りもしてくださりました。ありがとうございました。
 
 年別対抗リレーでは、親子対決やクラス対決、学年対決もあり、大変盛り上がりました。
 
 新種目、各自治組合役員による借り物競争【ハイカラさんが通る】・・いかがでしょうか?
 

ページのトップへ

2016年10月18日中沢の様子

 爽やかな秋晴れの下、第57回中沢区大運動会が10月16日(日)に開催されました。
 運動会の種目は、恒例の各種リレー(宅配リレー・三代リレー・年代リレー・二人三脚リレー・風船割りリレー・おんぶリレー)の他、グランドマレット、保育園児のお遊戯や中沢小学校校歌ダンスなど、いろんな年代の方が楽しめるようになっています。また、たくさんの中学生が大会運営協力から競技参加まで、会場を盛り上げてくれました。今年は新種目も登場し、観客席からは、賑やかな応援あり笑いあり・・と、皆さんスポーツの秋を堪能していました。
 新種目のひとつ『がんばれジュニア!負けるなシニア!!』は、小中学生vs60歳以上のみなさんによる玉入れ競争です。大方の予想に反し?!シニアの圧勝。しかし、ここで心温まるステキなことが・・・。中学生が玉を自分で投げず、小学生に渡し投げさせてあげているんです。遠くに転がった玉も、拾っては渡し拾っては渡しの繰り返しで、見ている方々も、この姿にじ~んときていたようです。なかなかやってくれます東中生(^^)/  お昼休みには、年別対抗リレーや応援合戦、消防団の広報もあり、小さいお子さんも車に乗ってお菓子をもらって喜んでいました。
 各自治組合、関係団体等が協力し合い、素晴しい運動会でした。 (MA) 

ページのトップへ

中沢のひと

中沢のひと一覧

kinosita120191227木下 佳信さん
りんごのきのした農園園主の木下佳信さんをご紹介します。 木下さんは1975年福岡県生まれ。お母様のご実...
続きを見る。
20181203宮下学さん
もっと見る