Topics トピックス一覧

中沢、なう!

中沢の近況をお伝えします。

2015年11月09日中沢の様子

7、8日の2日間にわたり、中沢区文化祭が開催されました。中沢公民館の各部屋に、さまざまな団体により、絵画、書、染物、織物、工作などの作品が展示されました。さらに、恒例の珈琲喫茶、なかっぱ市で好評だった「なかっぱすいとん」のサービス、手作りパン、こんにゃく販売に加え、7日には本の読み聞かせ会、アマチュア無線公開運用、血管年齢等測定、8日には芸能発表会と、今年も盛りだくさんな企画が行われました。
8日の芸能発表会では、菅沼神楽保存会のお神楽、若草コーラス・中沢小合唱団・童謡唱歌を歌う会・東中音楽部による合唱、中沢リズム体操のダンス、寿々華会・春駒会の踊り、楠州流伊南吟詠会中沢教室の詩吟など、9団体の老若男女のみなさんが、日頃の練習の成果を十分に発揮され、舞台で見事に発表されていました。
 特に東中音楽部は、今年は各地の合唱コンクールで相次ぎ入賞を果たし、この後も11月29日に東京で行われる『東日本Bブロック 優秀演奏発表会』に出場が決まっているとのこと。この日は1、2年生が、楽しい寸劇もまじえながら美しいハーモニーを聴かせてくれました。
 あいにくの雨降りにもかかわらず、多くの方が公民館を訪れていました。さまざまな文化活動に触れ、日常とはまた一味違ったひとときを過ごされたことでしょう。たまにはそんな休日もいいですね。(FK)

ページのトップへ

2015年11月06日中沢の様子

11月6日金曜日 中沢保育園
 お昼寝から起きておやつを食べてから・・・
国立信州高遠青少年自然の家より「早ね早おきキャラバン隊」が中沢保育園へやって来ました!プロジェクターに「よふかしおに と はやねちゃん」が映し出され、保育園の先生が読み聞かせをして下さいました。
 その後、よふかしおに あさごはんまん はやねちゃんが遊びに来てくれました!!小さなお友達はちょっぴり怖かったかも・・・・大きいお友達は興味津々。一緒に写真を撮ったり、握手をしたり、とても楽しそうでした。
 こまがね子育て10箇条にもありますが、「早ね早おき朝ごはん」・・・改めて大事なことだと考えさせられたひとときでした。(TN)

ページのトップへ

2015年11月01日中沢の様子

11月1日日曜日 
 朝晩めっきり寒くなり、霜もおりるようになりました。
 晴天に恵まれ、中沢保育園創立50周年記念式典 および 祝賀会が中沢公民館で行われました。総勢約90名、公私ともお忙しい中、大勢の皆さんにご出席頂きました。
 記念式典では、記念事業経過報告として、プロジェクターでDVDを鑑賞し、40周年~50周年にかけての園の様子・50周年の活動報告(砂場改修作業・親子観劇会・親子運動会手作りくす玉のサプライズ)がされました。
 
 祝賀会では、今年度の先生方による三択クイズで盛り上がりました!テーブル毎にクイズに答えましたが、皆さん正解率が高かったですよ!お食事はビュッフェ方式(自分で料理を好きに取って食べる)、あたたかいお食事はあたたかい状態で頂くことが出来ました。
 
 テーブルには園児が作った花が飾られ、テーブルクロスも紫色の落ち着いた色で、いつもの中沢公民館が違った雰囲気に変身。
 
 お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん、先生方、地域の皆さんに支えられて、これからも中沢保育園が10年・20年・30年・・・・・と続いていくことを願っています。おとなになっても、中沢保育園を卒園したんだなぁ~と誇りに思って欲しいと思います。皆さん、本当にありがとうございました。  (TN)

ページのトップへ

2015年10月29日お知らせ

竜東やまびこ園では地域支援事業への取り組みとして「やまびこ茶屋」を開催します。

駒ケ根市第6期介護保険事業計画の中にある「生活支援・家族介護者支援」に重点を置き、負担や悩みを抱える介護者に対し、認知症高齢者に対する介護方法などについての情報提供や各種関係機関、関係者との連携をはかり、地域において認知症の方やその家族への適切な支えあいが広がり、誰でも気軽に立ち寄れ集える場所となる事を目的とします。

開催日:平成27年11月21日(土曜日) 
場 所: 竜東やまびこ園 食堂ホール
時 間: 午前9:00~12:00
参加費用: 一人 200円
対象者: 市内外・地区内外に関わらず、子供から大人、高齢者や障がいをお持ちの方、興味や関心、介護に対する不安をお持ちの方などどなたでもご自由に参加できます。
内 容: ・美味しいケーキと飲み物で気軽な介護相談(看護師・保健師・介護
支援専門員)
     ・リラックスでき、身体もほぐれる軽体操(作業療法士)


今後も定期的に開催する予定です。
事前申し込みは不要でどなたでも参加自由です。お誘い合わせにて時間内に
ご来園下さい。
行き来に不安のある方は気軽に相談下さい。
併せて、カフェの開催についてお手伝い頂ける方を募ります。
サポーターとして手を貸して頂ける方は下記までご連絡をお願いします。
(社)駒ケ根市社会福祉協議会
駒ケ根市デイサービスセンター 竜東やまびこ園
☎ 83-5060        担当 清水・臼井
KI

ページのトップへ

2015年10月23日中沢の様子

10月21日、夕方、原の辻で、原地区の女性グループ「腕ぷよおばさんの会」「双葉会」のみなさんと子供達が、ハロウィーンのカボチャ(ジャック オー ランタン)作りに挑戦しました。
 30㎏以上もある巨大カボチャは、上赤須のリンゴ園の方から譲ってもらったのだそうです。まずはその中身をくりぬき、カッターや、電動のこなどを使って目や口を切りだしていきます。果敢にも、子供達が挑戦し、見事な顔ができあがりました。
 31日のハロウィーンの日まで、毎晩、ろうそくに点灯するそうです。「これで原地区には変なおばけはやってこないよ~」ということです。
この行事、4,5年前から毎年続けられています。この日は、生き血風トマトスープ、お化けの形のジャガイモなどを食べながら、秋の夕暮れをにぎやかに楽しく過ごしていました。皆さんも、夜、原の辻を通ってみてください。かわいいジャック オー ランタンが出迎えてくれますよ。   (FK)

ページのトップへ

2015年10月09日中沢の様子

竜東やまびこ園では10月6日(火)に地震による火災発生を想定した防災避難訓練行いました。
昨年に引き続き多数の地域関係者の皆さまにも参加協力いただき、今年度初めて同じ社協の仲間であり、中沢で仕事をしている居宅介護支援事業所のケアマネージャーにも避難誘導に協力していただきました。
利用者も真剣な表情で常のリハビリの成果もあり、非常にスムーズかつスピーディーに避難することができていました。
今後も利用者の皆さんや地域の皆さんにも協力していただきながら訓練を積んでいきます。

ページのトップへ

2015年10月08日中沢の様子

10月2日・3日の二日間にわたり開催されました東中学校の『桑東祭』。今年は桑東祭51回目ということで、100年に向けて東中学校の歴史を繋いでいきたいという想いから「繋 ~50年の歴史を未来へ~」とテーマを決め、夏休み前から準備をすすめてきたとのこと。先日の中沢小学校だよりでも少し紹介されていましたが、今回は運動会や音楽会の様子も紹介します。
 
 東中イメージキャラクターの「くわちゃん」が1年ぶりに登場した寸劇で盛り上がった開祭式の後は、意見文発表・英語弁論・学校行事発表などのステージ発表でした。発表する生徒の凛とした姿や、聞いている生徒達の真剣な眼差しが印象的でした。
 午後は運動会。大縄跳びでは昨年2回しか跳べなかったクラスが29回跳べて1年間の成長を感じたり、騎馬戦では勝って先生も一緒に抱き合って喜んだり・・やっている生徒達はもちろん先生方や見ている保護者も笑顔いっぱいの楽しい運動会でした。クラス対抗リレーではハプニングもありましたが、また一層クラスが団結できたことでしょう。
 二日目の音楽会♪♪♪各クラスごと朝や学活などの時間を使い、全てのクラスとの交流合唱をするなど「100回合唱」を目標にクラス曲の練習をしてきたのだそうです。三年生は、ビデオにとって気付いたことを話し合い、言葉の意味を確認しあいながら曲にメリハリをつけ頑張ってきました。涙が出そうになるくらい感動しました。 先日、富山県で行われた【第68回 中部合唱コンクール】に長野県代表とし演奏してきた音楽部の皆さんの歌声は、ずっと聴いていたいと思うほど素晴しくて、演奏が終わった時にはあちらこちらで感動のあまりため息が出るほど。体育館中に響き渡る拍手の中、音楽部の皆さんの自信にあふれ満足そうな笑顔が忘れられません(^-^)/
 
 毎年開祭式から観ているという地元の方からは、「東中の桑東祭は、型にはまってない手造りっていう感じが大好き。生徒達の想いがすごく伝わってくるんだよね~」という声も聞かれました。皆さん本当にお疲れさまでした。そして大成功おめでとう! 
また来年の『桑東祭』を楽しみにしています。 (MA)
 

ページのトップへ

中沢のひと

中沢のひと一覧

IMG_162220181203宮下学さん
目の前でステーキを焼いてくれるお店で知られるシェフの宮下さんですが、実は高校時代はサッカー選手...
続きを見る。
20160510小島 利昭さん(88歳)
もっと見る