Topics トピックス一覧

中沢、なう!

中沢の近況をお伝えします。

2014年10月29日中沢の様子

戸倉山(伊那富士)に登山に行ってきました。キャンプ場から登りましたが6合目までは紅葉が見ごろでしたが頂上付近は落葉していました。落ち葉をサクサクと踏みながらの登山は気持ち良いですよ。この日は雲ひとつない晴天で中央アルプス、南アルプス、北アルプスを望むことが出来ました。これからは落葉し道中からの景色が楽しめます。
因みに登りに1時間40分、下りに1時間10分でした。

ページのトップへ

2014年10月27日中沢の様子

この度、赤穂にあります「駒ヶ根共立クリニック 五十川徳門事務長(中沢中割)」のベッド入れ替えに伴い、竜東やまびこ園へ14台の電動介護ベッドが寄贈されました。
揃いの木目調ベッドとなり、園内の静養室がとても明るくなり利用者さまも使いやすいと大喜びです。
大切に使わせていただきます。ありがとうございました。KI

ページのトップへ

2014年10月22日中沢の様子

お待たせしました!!かっぱの凧あげを11月15日(土)14時から おもしろかっぱ館の広場にておこないます。
 
「ふれ愛なかっぱ市」で予定していた凧あげですが、雨のために延期になっていました。
 
駒ヶ根東中学校・創作部の生徒のみなさんの力作ぞろいの凧です。
 
雨天の場合は翌日の16日(日)14時よりに変更になります。
今度こそ晴れて、空高くあがる凧たちを見たいですね!HS
 

ページのトップへ

2014年10月07日中沢の様子

10月7日(火)午後竜東やまびこ園にて防災避難訓練が行われました。
毎年実施しておりますが、今年はより実戦的な内容になるよう心がけて計画されました。
地震予知連絡~地震発生~厨房より火災発生~避難 の流れで歩行、車イス、担架、ベッドにて職員と協力者の介助にて玄関ホールに避難しました。
今回も地域関係者(本曽倉正副自治組合長・第3常会長・民生児童委員・中沢区民生児童委員会長・消防団第4分団長)の皆さまにも参加頂き、避難誘導介助をしていただきました。
終わりに、消防署員より講評と、職員の消火器取り扱い指導をレクチャーいただきました。
近年予想を遥かに超える大雨や大雪、大地震の発生等の自然災害に備え、備品の見直しや追加購入等も実施しておりますが、有事の際には職員だけでは対応できない場合も想定されます。
地域の要介護者を守るために今後とも近隣住民、地域の皆さまのご理解とご協力をよろしくお願いいたします。 KI

ページのトップへ

2014年10月06日中沢の様子

5日、台風18号の影響で、あいにくの雨降りとなりましたが、おもしろかっぱ館において第1回ふれ愛なかっぱ市が開催されました。
当初予定されていた軽トラ市、凧揚げなどは残念ながら中止となりましたが、「8mに挑戦!花巻寿司をまいてみよう」と、なかっぱすいとんの振る舞いが行われました。
 ほうれん草の緑、かぼちゃの黄色を生かしたすいとんは、中沢産ゴマと野菜がたっぷり入った、滋味あふれる味で大好評でした。
 花巻寿司は、中沢公民館の文化団体花巻寿司講座の皆さんのご協力をいただき、デンブの桃色と薄焼き卵の黄色で色鮮やかなバラの花のお寿司を巻きました。老若男女30名余りが横一列に並び、海苔の上に白いごはんを広げ、さらに海苔、ほうれんそう、かんぴょう、予め巻いてあったバラの花部分を載せて、一斉に巻き上げました。見事に8mの花巻寿司ができあがり、一同から拍手がわきあがりました。包丁を入れると、美しいバラの花が現れました。巻いて楽しく、見てきれい、食べておいしい花巻寿司、こちらも好評でした。
 かっぱを冠した4団代と、中沢地域づくり委員会による共催で初めて行われたイベントでした。雨の中、たくさんの方にご来場いただきありがとうございました。もしかしたら、天竜川のカッパも遊びに来てくれていたかもしれませんね。     (FK)

ページのトップへ

2014年10月06日中沢の様子

中沢も秋本番となりました。秋の様子を紹介します。
・戸倉山(標高1681m)の山頂付近の紅葉が始まりました。10月中旬から下旬にかけて見頃です。登山にどうぞ、戸倉山キャンプ場からは1時間30分から2時間で登れます。
・きのこは今年は平年より2週間程早く始まり松茸はまもなく終わりになりそうです。晩生きのこは例年だとこれからです。
・秋の花が満開です。 キンモクセイ(金木犀) ケイトウ(鶏頭)他 家庭の庭先ではキンモクセイの匂いとケイトウが見頃です。
・稲刈りは台風18号の前に終わりました。
 短い秋です、連休には中沢の秋を満喫して下さい。KI

ページのトップへ

2014年09月30日中沢の様子

 28日に、駒ヶ根ハーフマラソンが開催されました。今年が2回目となるこの大会。新宮川岸を中心に、東西に延びるコースの沿道に集まった人々が、ランナーに熱いエールを送りました。
 かっぱ姿で登場の東中の生徒達、かっぱのお皿を頭につけた小学生や保育園児達、そしてかっぱの踊りを披露する原地区の皆さんが、元気いっぱいの応援をしました。中には応援の人達とハイタッチや記念撮影をするランナーの姿もありました。またランナーには中沢産カボチャ雪化粧で作られたかぼちゃの冷製スープとキューリがふるまわれ、「おいしい!」とスープをおかわりする方もいました。
 たった1時間の間に、中沢の人口以上のランナーが駆け抜けていきました。照りつける太陽と澄んだ青空、遠くに見える中央アルプスの山並み…。この美しい中沢の風景が、きっとランナーの皆さんのまぶたにも焼きついたことでしょう。この後続くコース一番の難所、アップダウンヒル区間で、それどころじゃなかったかな?        (FK)

ページのトップへ

中沢のひと

中沢のひと一覧

20160510小島 利昭さん(88歳)
 去る4月17日、「駒ヶ根天竜かっぱ村開村28周年、かっぱ神社創建15周年記念祝賀会」が駒ヶ根市で開催さ...
続きを見る。
20150904古谷 和男さん、葉子さんご夫妻
もっと見る