Topics トピックス一覧

中沢、なう!

中沢の近況をお伝えします。

2013年10月30日中沢の様子

10月29日の夜、駒ヶ根ハーフマラソンの中沢応援団の慰労会が行われました。
大会当日は原の「みなさんに逢いたかった河童だよ!」の仲間たちに、中沢地域づくり委員の面々も一緒になって応援させていただきました。
 
原の唐沢さんのお話で「マラソンコースで中沢を走ってもらうのに応援がないのは寂しいじゃないか!」との声に原の仲間たちが賛同したのが応援団の結成のきっかけだったそうです。
 
来年用・新作のかっぱ帽子をかぶっての「みんなおいでよ かっぱ村」の踊りの披露もあり、会場の皆さんも手拍子で盛り上がっていました。
 
駒ヶ根ハーフマラソンはランナーからも高評価をいただいています。これからますます良い大会になるよう地域みんなで応援し続けたいものです。
HS

ページのトップへ

2013年10月30日中沢の様子

10月13日の日曜日に里山でのキノコ取りの「中沢食堂」が開催されました。連休中のため神奈川県から参加された親子さんもいました。総勢で10数名の参加者でありました。今年は各地でキノコの豊作が伝えられていましたが8月の台風18号の降雨以来、1ヶ月近く雨が無く山が乾燥していましたが、「松茸」が7本とれ参加者は大喜びでした。キノコ取り終了後は蔵澤寺で宮下シェフによる「松茸ご飯。キノコのスープ、キノコのピザ等」を堪能しました。

ページのトップへ

2013年10月17日お知らせ

 ひよこ安全クラブは、市内の保育園ごとに保護者達で組織され、子供達の交通安全や、命を守るための活動をしています。毎年春と秋の2回、各園で定例会を行い、子供達と一緒に安全について学んでいます。
 中沢保育園では10月15日、園児を対象に秋の定例会が行われました。今年は、①お母さん達による交通安全の紙芝居②中沢駐在所の村上さんによる防災のお話③お母さん達による避難訓練についての寸劇、の3つを学びました。
 災害はいつやってくるかわかりません。未知のことを想定した防災の話は、子供達には少し難しいかな、とも思いましたが、園で毎月避難訓練をして下さっているためか、「地震」「火事」といった言葉にも、子供達はよく反応していました。村上さんからは「静かに、大人の話をよく聴いて、動く」というお話を伺い、私達大人も、とっさに適切な対応ができるよう、普段から心構えをすることが必要と感じました。折しも台風26号長野県接近警報が出て、「自分のところは大丈夫」という思い込みを自戒させられる日となりました。 (FK)
 

ページのトップへ

2013年10月11日中沢の様子

10月10日夜、情報発信部会を島小カフェにて行いました。
「中沢で暮らそう」のホームページの情報をより新しく、より魅力的にしたいとの一心で日々がんばっている情報発信部です。
 
吉瀬委員長さんをはじめ、小学校の情報をアップしてくださる髙木教頭先生、サイトを作成していただいているネクサスデザインの高坂さんと伊藤さんもご参加いただきました。
 
部長の春日さんよりまつたけの差し入れを頂戴しました。島小さんのご好意で「まつたけピザ」「まつたけパスタ」にしていただきました!今回はおいしいお料理をいただきながらの楽しい部会になりました。
贅沢な秋の味覚を味わいつつ、これからの中沢地域づくりをみんなで語り合いました。
HS

ページのトップへ

2013年10月07日中沢の様子

10月5日は中割にある香花社の秋祭りでした。
境内には朝早くから役員や係のみなさんが集まり、余興のための舞台作りがおこなわれました。
昼過ぎには、神楽の辻練や子供みこしでにぎやかなお祭りムードとなりました。
中学生によるヨーヨー釣り・射的ゲーム・輪投げのゲームコーナーがあり、おみこしが終わった後の子供たちが楽しく遊んでいました。
 
「豊栄の舞」は、3人の中学生と2人の高校生が巫女装束で華麗に舞っていました。
夜は各常会や分館役員の出し物、若妻会(なでしこ会)、小学生のダンスなどの余興でみなさん大いに盛り上がっていました。
 
余興の後は花火大会で、打ち上げ花火に続き大三国花火がありました。お待ちかねの大三国では大きな火の粉が吹き出し、大変迫力のある見事な花火をみなさん堪能していました。
HS
 

ページのトップへ

中沢のひと

中沢のひと一覧

20160510小島 利昭さん(88歳)
 去る4月17日、「駒ヶ根天竜かっぱ村開村28周年、かっぱ神社創建15周年記念祝賀会」が駒ヶ根市で開催さ...
続きを見る。
20150904古谷 和男さん、葉子さんご夫妻
もっと見る